FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

個人的な遠野物語

 先日のブログの続き・・・。

 私が実際に体験した遠野の物語。現在、もし柳田国男が生きていたら、この私の物語を蒐集してくれるだろうか・・・。いや、蒐集してくれなくてもいいのだ。これは個人的な、自分だけの物語なのだから・・・。

 早池峰神社を後にし、てくてくと次のバス停、次のバス停と時間のある限り歩いていた。そして早池峰山の伝説にとって重要なポイントとなる「神遺神社」を参拝した。‘神社’と呼ぶにはあまりにも小さく、そして注連縄も汚れており、しかも止めていた釘から外れて垂れ下がっていた。帰り際にその注連縄を直し、礼をして小さな祠を後にする。

 そして1,2分歩いたあたりだったろうか、道端に五円玉が落ちていたのだ。車の往来も少ないし、ましてや誰も人が歩かないような道である。そこに五円玉が落ちていたことがまず驚きであった。そしてそんな小さな五円玉に気がつく自分もまた妙な話しだなと思った。しかしながら、ここで五円玉を拾うのも何かの‘ご縁’かとゲンを担いで腰をかがめて拾ってみた。
 すると、今まで真っ白く覆っていて薄暗かった雲がパーッと開いて、温かい太陽の光が自分の周りを明るく照らしてくれたのだ。
 なんだろうこの光は・・・とその光の出現に驚いた。拾い上げた五円玉をまじまじと見ると、五円玉は太陽の光に照らされてキラキラと光を増していた。
 さらに驚きの瞬間がやって来た。それは、何かいいきっかけになるのかなとその五円玉を掌に握りしめた時だった。後からやって来た車が、私の前で止まったのだ。一瞬何が起きたのか分からず、とりあえずその車が止まっている3メートル先まで歩いてみた。車の傍を通りかかると、窓がスーッと下がり、車に乗っているお兄さんが私に声をかけてくれた。

「何してる。どこいくんかあ。」と声をかけてくれたのだ。
私はとっさのことでなんと答えていいのか分からなかったが、正直に、
「え、いやあ、ちょっと遠野の駅まで行こうかと・・・・」
「歩いていけるわけねえべな。今おれも駅のほうに行くところだったから乗れ。いいから、乗れ。」
「あ、はい、ありがとうございます・・・。」と、この急な展開に戸惑いながらも、内心では「助かった、ほんとにありがたい・・・」と思っていた。
「早池峰神社行ってきたのけ。バスがねえからって歩くなんて大変だよ。」
「いや~、時間もあることだし・・・。すいません、ほんとに・・・。」と頭をかきながら話をする。
そして、山道を抜けたところでお兄さんは、商店による。
「タバコ持ってきたんだけど、ライター忘れちまってよお。すまんけどちょっと寄らせてな。」と言って商店に入っていった。
 買い物を終えたお兄さんの手には缶コーヒーが二つ握られていた。
「なんもねえけど、これ飲め。遠慮せんでええからな。」と、二つある缶コーヒーの一つを私に手渡してくれた。
「す、すいません、ほんとに・・・。」
 私は言葉を失った。
 とにかくこのお兄さんの優しさは、気をてらったものでも、かっこつけたものでもなく、自然体のものだった。言葉も、しぐさも、表情も、全てが自然なのだ。ふだん我々はどうしても相手の出方を警戒したり、相手の様子をうかがってしまったりして‘自然体で行う行為’が実践できなくなってしまうことがある。例えば電車の中で席を譲るときでも、‘もし席を譲ったらこの人はどういう反応するだろう・・・’‘偽善的な行為と思われはしないか・・・’‘周りの反応は・・・’などと考えてしまい、行動に移せないこともしばしばだ。そもそもそんなことを先回りして邪推する時点で、それは自然体ではなく、‘不自然体’である。やさしさってものは、このお兄さんの行為のように、自然となされる行動のことを言うのだろう。私は車中、そんなことを考えながらお兄さんと話をしていた。
 ここ最近、‘やさしい行動’ってどういうことなんだろうか、自分の行為は計算づくで動いているのではないか、などと思い巡らせる毎日だったので、その答えをここでいただいたのだった。道中であった神様が、きっとあの五円玉を私に与えてくれ、そしてこのお兄さんとの出会いへ導いてくれたのだろう。
 お兄さんは東京で仕事をしていたこともあったらしく、今では生まれ故郷の遠野に戻り大工をしているという。早池峰神社で行われるお祭りの時は、お神輿を担いで川の中に入るらしい。そして蓬の葉っぱでお神輿を清めて、一年の感謝を捧げるという。
 いただいた缶コーヒーを飲みながらそんなことを話しているうちに、車は遠野の駅に着いた。
 とても気持ちが温まり、自然であることの大切さを教えてもらった。早池峰のお神楽があるときにそのお祭りがあるらしい。お兄さんに会いに、またそのときに早池峰を訪れたいと思った。そして次にお兄さんにあう時は、自分も少しばかり自然なやさしさが身についてるといいなと思ったのだ・・・。

 遠野で起きた個人的な遠野物語・・・。
 遠野の三人の女神によって導かれた物語。
 未だに遠野の伝説は生きているのである・・・。



東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト



Comment

苺一重さんへ

東洋思想では、萬物は天の気と地の気の交流によって生じるという考え方があります。つまり、こうして生きていること自体、天の気と地の気を受けているということです。天の気と地の気ともに自然の気ですから、自然の気は生活している所々に常にあると思います。
苺一重さんの「自然の空気の濃さ」という表現もいいですね^^

なるほど そういう捉え方なのですか。
私は自然=自然の空気の濃さ という捉え方でした。
表参道ヒルズのロゴ(マーク)は面白い意匠だと思いました。

個人的には都会だからとか、田舎だからとか、そういうのはないと思います。ただ毎日の生活の中で感性が擦り切れていくよなことはあると思います。そういった鈍った感性をリフレッシュさせるために、こういう旅はうってつけなのかなと思います。
治療院の近くには「表参道ヒルズ」という丘があります。私は表参道ヒルズのマークを見ると、富士山の登山道に見えるんです。人工物でありながら、やはりここにも自然があるんだと思います・・・。

偶然ではない必然。
これは日常の中に溢れている様ですが、日常を自然と離れて暮らす私達はこれらに鈍くなっているのかもしれないですね?
でもこういう瞬間というのは時折体験することがあったり・・。
拝読していて、PCの前に居ながらにして
遠野の地に在り続けている空気を感じさせて頂きました。
多謝。
非公開コメント