FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

11月3日(祝)は開院します。

11月3日(土・祝)は開院します。

11月3日(土・祝)は祝日ですが、普段の土曜日シフトで開院いたします。

本来祝日はお休みをいただいておりますので、てっきり土曜日も休んでいるだろうと思われている患者様も多く、今のところご予約はそれほど埋まっておりません。当日のご予約の状況によっては、早めに終えることもありますので、夕方近くをご希望の方は、お早めにご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

120916neko.jpg

東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・東京・渋谷・原宿・源保堂鍼灸院へ 肩こり・腰痛・頭痛・生理痛などに

ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキングにほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ



スポンサーサイト

テーマ:今日ではない出来事
ジャンル:日記

私が働く(働かなくてはいけない)理由の一つ つづきのつづき

 井上さんは流れ流れて箱根の建築現場で働いていたと言うことです。そこで私のおじいさんが和菓子でも作ってみないかと声をかけて、それから五十年私の実家を支えてくれました。あるとき話してくれたのは、東京で生まれて新宿あたりに住んでいたと言うこと、そしてけっこういい高校に入ったらしいのだけれど、“中途半端になっちまったよ”というのは本人の弁。

 井上さんは結婚をしていなかったので、子供はありませんでした。しかし私の年の離れた妹を実の子供のようにかわいがってくれました。

121011inouesan2.jpg

 井上さんが亡くなるとき、最後に妹にかけた言葉が、

「みずぅ(←妹の名前)、風邪ひくなよ。」

というものだったと母から聞きました。

妹のことをいつも気にかけてくれた井上さんらしい優しい言葉だと思いました。

 井上さんが亡くなったのは、私が表参道で鍼灸院を開業してから数年の話です。軌道に乗りかけてきた頃ではありましたが、まだまだ生活に余裕がなく、実家のことを顧みる余裕がないときでした。母もそれを慮ってか、私には井上さんのことはあまり詳しく教えてくれませんでした。井上さんはいつも元気な人だから、きっと大丈夫だと過信していた自分も悪かったのですが、それにしても、あの時ちゃんと病状などを聞いておけば良かったと後悔ばかりが残っています。


 井上さんはあるとき私と話したとき、“半端者”と自分で称していました。
 しかし、菓子職人ということをやり遂げた姿は、決して“半端者”ではありません。一つのことを突き詰め求道者ではなかったかと思うのです。

 私もそういう姿を追って、鍼の道を進んでいきたいと思います。そうやって働くことが、井上さんへの私の後悔の念を払拭し、井上さんに認めてもらうことなのかと思うのです。

東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ

ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

私が働く(働かなくてはいけない)理由の一つ つづき

 井上さんの好きなものは、カレーに車に、そして八代亜紀さん。休みの日などは時々ドライブに連れてってくれたのですが、車の中でよく流れていたのは八代亜紀さんの曲でした。子供の自分にとってはその歌の味が伝わりにくいので、「あ、またあの人の歌が流れてる」という感じしかありませんでしたが、きっと井上さんにとっては好きな車を運転し、好きな音楽を流す至福の時間だったに違いありません。

 いつの年だったか、ピンクレディーと八代亜紀さんがレコード大賞を争ったときがありました。方や押しも押されぬトップアイドルデュオ。その奇抜な衣装と当時としては珍しい激しいダンスに加え、曲は阿久悠&都倉俊一の黄金コンビ。この時の曲は『UFO』。そして八代亜紀さんは妖艶な大人の女性。ハスキーボイスで感情豊かに歌い上げるブルース演歌の女王。対抗曲は『雨の慕情』。“雨あめ降れふれも~っとふれ”のリフレインが印象的な名曲。
 価値観が多様化する今の時代において、レコード大賞は時代遅れの感が否めなくもなく、注目度もかなり下がってしまったように思います。しかしかつてレコード大賞と言えば、歌手の方が一度は取りたい賞であり、その年を代表する歌の代名詞にもなるものでした。ピンクレディーと八代亜紀さんがレコード大賞を争った時代は、まさにその価値観が燦然ときらめいているときです。

 私の実家の和菓子屋に、毎日油を売りに来る農協の職員の方がいました。「どうも~」なんて軽い感じでちょろっと寄っては梱包作業をするところに来て、アイスコーヒーを普請して、新聞を眺めながら世間話。それがまたちょうど油を売るにはもってこいの時間帯を狙ってくるのだから、世間話も盛り上がるというもの。

 その農協の方がスポーツ新聞の記事を眺めながら、

「ねぇ、井上さんよ、ピンクレディーと八代亜紀、どっちがレコード大賞取ると思う?どっちもチャンスだよね。」なんて話を井上さんにふる。

 すると井上さんは、「いゃぁ、そりゃあ八代亜紀に取ってもらいてぇけど、ピンクレディーの人気もすげぇからなぁ。なかなかむずかしいんじゃねぇの~。」と言った。

 結局その年のレコード大賞は八代亜紀に軍配が上がったわけですが、その時井上さんがどのような感想を持ったのかは聴いたことがありません・・・。


 時は流れ流れて平成に。

 これもいつのことかは忘れてしまいましたが、八代亜紀さんが実家の和菓子屋の取材でやってきました。八代亜紀さんのご主人が、箱根に陶芸の窯を持っていると言うことで、箱根の常連である八代亜紀さんが箱根をご紹介、という番組だったと思います。この取材の中で、八代亜紀さんは工場で温泉餅を作っているところ見学したと言うことですが、もちろん温泉餅を作っている井上さんは憧れの八代さんと対面しているわけです。たぶん黙々と作業をする方なので、取材とあっても顔を上げることはほとんどなかったと思うのですが、それは温泉餅を作っているプライド故なのか、憧れの人を前にしている照れくささなのかは、今は知るよしもありません。


 憧れの八代亜紀さんに出会えた喜びは、どんなものだったのだろう。

 それはもう聞けないのだけど、一つのことをコツコツやることで、いつか憧れの人にも会える。私は井上さんのこの話を思い出すと、こういう地道な積み重ねというものにこそ、人生の価値があると思えてくるのです。小さな積み重ねにこそ真実があり、その真実の積み重ねがその人を輝かせているのだろうと。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ

ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

私が働く(働かなくてはいけない)理由の一つ

 私は箱根にある和菓子屋の次男坊として生を受けました。箱根の山の方なので、隣近所も少なく、お店も少ないところです。そんなところで和菓子屋をしているのが私の実家です。

 私が小さい頃、物思いが付く頃から一緒にいた二人の職人さんがいます。二人とも井上さんというのですが、二人に血のつながりはなく、性格は全く違う好対照の存在。何かの縁で私の実家のお店で働くことになり、以来ずっと一緒に過ごしてきました。二人は同じ名字なのですが、一人は名前の五男から“いっちゃん”と呼び、もう一人はなぜか名前ではなく“井上さん”と名字の方で呼んでいたのです。なぜそうなったのかは知りませんが、井上さんの方が年上でしたので、おそらく私の両親が敬重の念を込めて“井上さん”と呼んでいたのかもしれません。私たち子供もそれに習って“いっちゃん”、“井上さん”と呼んでいました。

 私の父親は、正直なところ仕事が好きではありません。その姿は子供心に私の心の傷になっていたのですが、今はわりと近すぎない距離感で見ることが出来るので、それなりの事情があったのかと思うようにしています。ある意味それは反面教師なのですが、それとは逆に、働くことを教えてくれた教師は、実家で働いてくれていた職人さんではなかったと思います。

 特に井上さんは工場での和菓子作りだけではなく、包装、配達などもしてくれていたので、普段から働く姿を目にしていました。

121010inouesan.jpg

 兄が中学に入ってから音楽を大音量で聴くようになり、私は家出の勉強に集中できなくなりました。その時は逃げるようにしてお店の事務所で勉強をしていたのですが、隣では井上さんが黙々と箱詰めされたお菓子を包装していました。その姿を見て、私は職人の姿を自然と学んでいたのだと思います。
 和菓子屋の朝はとても早く、そして昼間も次の日の仕込みなど、やることがいろいろあります。それに加えて井上さんは配達などもしていたのですから、今にして思えばすごい体力だったのだと思います。そしてそれはたぶん同じような日常の繰り返しであったに違いないのですが、それに文句を言うこともなく、与えられた仕事をこなしていく姿もまた、何かを語っていたのではないかと思います。

 今私は“同じような日常の繰り返し”と言いましたが、実は同じ繰り返しではなかったのです。あるとき話をしたときに聴いたのですが、お菓子はとても繊細だそうです。暑い日と寒い日では微妙に材料の分量が違ったり、温度や時間も微妙に変えているのだそうです。井上さんが主に担当したお菓子は、実家の定番商品でもある温泉餅でしたが、いつも味が一定で、柔らかさも一定であるように、常に目を配っていたと言うことで、まさにそれは職人芸でありました。

 私は“はり師”という職人です。
 今は亡くなってしまった井上さんに、もし会うことができたら、職人として心得とか、職人としての誇りのようなものを聴いてみたい。たぶん照れくさがって何も言ってくれないと思うのだけど、とりあえず今までの感謝の気持ちを伝えて、自分も職人になったことを伝えたい。

 私は一時身を寄せていた箱根の実家を飛び出して、捲土重来東京にやってきました。もう二度と実家には戻らないと決めて8年間帰っていませんでした。その間に井上さんは仕事中に倒れ、帰らぬ人となってしまいました。私は何て親不孝な人間なのだろうと、今でも重いものを背負っています。だからこそ、井上さんの後ろ姿から学んだことを糧にしながら、同じ職人として仕事をしていきたいと思うのです。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ

ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

『The Great Hands 偉人たちの筆跡 ミサワホームカレンダーの25年』

121009sakutarou2.jpg

 昨日の『中川さくたろうと仲間 ちぎり文字展』に引き続き、本日も中川さくたろうさんの作品展のご紹介です。

 当院の待合室に掲げてあります、シンプルでありながら印象的なカレンダー。これは歴史的な著名人の筆跡を使ってくんだカレンダーなのですが、このカレンダーもまた、中川さくたろうさんの作品です。このカレンダーはミサワホームから依頼を受けて世に出したもので、来年で25年。以前中川さくたろうさんの事務所で初期の頃の作品を見せていただいたことがあるのですが、これがまた制作費と手間をふんだんにかけたもので、一つの作品として、その年が過ぎても鑑賞したいというものでした。ここ何年かは一年、一アーティストという形式になり、一年を通してその人の息吹を感じる作品になっております。

 このカレンダーを、25年分一挙に並べる企画展が銀座で開催されます。25年分をどのように展示するのか、その量だけでもかなり壮観になるのでは?と思われます。

 会場では来年度のカレンダーの販売もされるそうで、こちらもまた足を運んでいただきたい展覧会です。


『The Great Hands 偉人たちの筆跡 ミサワホームカレンダーの25年』

□ 2012年10月10日(水)~11月5日(月)
□ 松屋銀座7階デザインギャラリー1953
□ 入場無料
□ 主催 日本デザインコミッティー
□ 協賛 ミサワホーム株式会社

展覧会担当者の言葉
1988年、私は“ミサワホーム”の美しいカレンダーに出会って息をのんだ。それは玉(数字)だけで構成されたユニークなもので、第39回全国カレンダー展でグランプリを獲得した。その数字はいろいろな文献や日記から採取された“世界の偉人たちの筆跡”によるものだった。シンプルでありながら暗号を読み解くようにひだが深いのは驚きだ。そんなシリーズが“世界の音楽家”、“世界の画家”と25年も続いていて、興味は尽きない。ぜひ多くの皆様にこの素晴らしい成果をご覧頂きたい。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ

ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

中川さくたろうと仲間 ちぎり文字展

121008sakutarou1.jpg

 2012年10月11日(木)~16日(火)の期間、銀座のギャラリーにて、中川さくたろうさんのちぎり文字の作品と、さくたろうさんの教室の生徒さんの作品を集めたちぎり文字展が開催されます。

 ちぎり文字創始者のさくたろうさんの作品をはじめ、生徒さんの個性的な作品が並ぶようです。お時間がありましたら、どうぞ足をお運びください。

 文字、

 ことば、

 それぞれのちぎられた文字にお会いください。

『中川さくたろうと仲間 ちぎり文字展』

□ 2012年10月11日(木)~16日(火)
□ 11時~16時
□ 銀座グレース 特設ギャラリー
□ 東京都中央区銀座5-6-2七宝ビル4F TEL03-5537-8300





東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ

ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

『東京ノラ猫&家猫カフェ』に写真を追加しました=^_^=

 『東京ノラ猫&家猫カフェ』に、写真を追加しました。

 こちらのブログの常連である姫とアイアイと同じお母さんネコが今年産んだ子猫たち。当院の近くの事務所がメインのお家のようです。

121007nekocafe.jpg

続きはこちらでご覧になってくださいませ=^_^=

http://www.neko-punch.biz/gallery/oc_5.html


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ

ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング