FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

小野選手!!

 治療院の掃除をしていましたら、こんなものが出てきました。

100703onosensyu.jpg

 小野選手!!

 ワールドカップが開催されているこの時期に見ますと、ジーコ・ジャパンがかなり前のことのように思えます。日本代表も、この4年間でガラッとメンバーが替わったんだなぁとしみじも思います。

 しかしメンバーを替えながらも、サムライブルーの魂は引き継がれ、そして日本代表は進化を遂げています。まだまだ可能性を秘めている日本代表の今後伸びに期待が膨らみます。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

和気を保って -『楽訓』 貝原益軒著より

和気を保って  『楽訓』 貝原益軒著より

人を恨み、怒り、自らを誇り、人をそしり、人の小さな過失をせめ、人の言葉をとがめ、無礼を怒るのは器量が小さいのである。これはみな楽しみを失っているからそういうことをするのである。怒りと欲をこらえ、心を広くして人をせめとがめないのは器量が大きいのである。これが和気をたもって、楽しみを失わぬ道である。


内にある楽しみを失っている状態は、他人を許容できる余裕がない状態と益軒は言っています。他人を許容したり、受け入れることができなくなると、さらに全てのことが許しがたく見えてしまい、心の負のスパイラルがはじまります。どこかでそれを断ち切らないといけません。その断ち切る原動力もまた、内なる楽しみ。今までしてきたことを変えるのは難しいことかもしれません。しかし、ほんのちょっとでもいいので、少しずつ楽しみをえることで、世界は変わるように思います。私自身、まだまだ益軒の言う内なる楽しみを理解していると思えません。実践しているとは、とても思えません。しかし、こういった文章を通して世の中を見ると、実にくだらないことで悩んでいるのかほとほと自分に呆れ、まぁ仕方がないさと、再び今日を生まれ変わって生きようと思います。

東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

熱狂しなかった(BlogPet)

きょうは、熱狂しなかった。

*このエントリは、ブログペットの「はりたろう」が書きました。