ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

牡蠣(かき)

 縄文時代の貝塚からは、牡蠣の貝殻も多く見つかるそうで、昔から牡蠣は日本人にとって馴染みの深い食材の一つだったようです。また、日本人にとってだけではなく、ヨーロッパなどでも牡蠣を使った料理は多く、世界でも親しまれる食材です。
 牡蠣は「海のミルク」とも称されるように、アミノ酸の一種であるタウリンを豊富に含んだ良質なたんぱく源です。さらに鉄分、銅、亜鉛などのミネラルも豊富です。亜鉛は新陳代謝を高め、免疫にも関係し、銅は血管や骨を丈夫にしますので、まさに「海のミルク」たる成分を具えています。
 『本草綱目』を紐解きますと、食べ方とその効能が書かれています。
 まず煮て食べた場合は、「虚損(身体の体力の減少)を治し、中(五臓)を調え、丹毒、婦人気血を解く」とあります。これは、牡蠣が持っている滋養作用を示したものです。また“丹毒、婦人気血を解く”とありますので、解毒作用があることも分かります。
 次に生で食べた場合は、「丹毒、お酒を飲んだ後の煩熱を治し、渇きを止める」とあります。これは、煮て食べた場合と重なりますが、解毒作用があることを示しています。特にアルコールの解毒作用があるので、お酒が多くなる方には、長家と共に牡蠣も召し上がるといいと思います。
 そして最後に焼いた食べた場合が載っていますが、ここには、女性のとって嬉しいことが書いてあります。そこには、「焼いて食べるものは甚だ美しい。人をして肌、皮膚を細くし、顔色を美しくする」とあります。皮膚の艶は、「そう理(そうり)」と言って、五臓六腑の調子が出るところでもあります。牡蠣を食べることで皮膚の調子が良くなるということは、五臓の調子が調うと言うことでもあります。顔色が美しくなるというのは、亜鉛、銅などのミネラル成分によって代謝が良くなり、内側からきれいになっていくことを示していると思います。

 以上のように、古来から親しまれてきた牡蠣ですが、現代的な栄養学から見ても、また、東洋医学の栄養学から見ましても、とても優れた食材であることが良くわかると思います。まだ寒い日が続きますが、牡蠣鍋などにして召し上がってみてはいかがでしょうか。

※ 牡蠣を召し上がる際は、良く熱を通して召し上がってください。

東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト

封面設計

fumen.jpg

 これまで当院のブログで、中国は“書物の国”と称したことが何度かありました。
 今回もその“書物の国”ならではのお話しです。

 古い中国の医書を古医書といいますが、当時の原本は、貴重なもののため、博物館に収められているようなものばかりです。そこで我々は原本をそのまま印刷したものや、活字に打ち直したものなどを購入して読むことになります。原本をそのまま印刷したものはまだ古医書の雰囲気があって、読んでいて頭に入りやすいものです。しかし、活字に打ち直されたもので、特に中国で出版されたものは、簡体字という簡略化された現代漢字になっており、しかも横書きですので、どうも読みにくいところがあります。内容を吟味する前に、読むことだけで挫折することがありました。しかし、古医書でも、簡体字横書きのものしか出てないものもたくさんあります。そういったものを読むためにも、この簡体字横書きに馴れていかないといけません。
 そんな苦労がありながらも、少しずつ触れ行くことで、何度も読んでいるうちに、だんだんと馴れてくるようになり、ようやく最近は、現代中国語(簡体字横書き)で書かれたものも頻繁に手にするようになりました。
 そんなことで現代中国の本に馴れ親しんできたのですが、ひょいと裏を見てみますと、冒頭の写真のように、必ず「封面設計」という役名と名前が載っていることに気が付きました。中国人の方に聞いたわけではないので分りませんが、おそらくこの「封面設計」とは、日本で言う装丁家のことだと思います。このことに気づいて見てみると、ほとんどの中国本にはこの「封面設計」が必ずこのように裏表紙に書かれています。日本でも有名な装丁家はいますが、本の裏表紙にわざわざ名前が載ることは少ないと思います。しかも、“封面を設計する”という言葉の響きも、装丁という日本で使われている言葉以上に“書物の国”ならではのこだわりを感じずにはいられません。そして、わざわざ裏表紙に名前が載るということは、職業としての地位や名誉があるように思いますし、名前が載るということが、封面設計士としての仕事冥利に尽きるものなのかと思いを馳せたたりもします。

 現代中国語で書かれた本でも、10年前に出版されたものと、最近出版されたものとを比較してみますと、“封面設計”の様子はかなり進化しているように思います。デザインが新しく、そして、加工も凝っているものも見られるようになりました。そして、本文の紙も、以前は荒い紙が多かったのですが、最近ではきれいで長持ちする紙に変わってきています。この変化を見ることで、中国の経済的発展ぶりがよくわかるように思います。“書物の国”中国では、ますます封面設計が注目されていくのではないでしょうか・・・。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

コラム更新

 当院のホームーページにありますコラム『東洋医学って何?』を更新しました。
 今回の題名は「東洋医学はフィクションか?」です。東洋医学は、西洋医学と異なる用語を用い、時に曖昧でわかりにくいものです。そういったことから、東洋医学そのものがフィクション(虚構)であると思われることも少なくありません。しかし、実際にこうして効果があることを臨床で見ていますと、決してフィクションではなく、サイエンスであると思います。今回は、山脇東洋、王清任という医家の名前を上げながら、フィクションとサイエンスの間で揺れる東洋医学のお話ができればと思い、書いてみました。お時間がありましたら、ご一読お願いいたします。

□ 源保堂鍼灸院公式サイト
□ コラム『東洋医学って何?』

東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

インドのお香

indiainsence.jpg

 最近当院で焚いているお香がこのシリーズです。
 治療院近くのインド系雑貨屋さんで見つけてきたのですが、インドの神様をイメージして作られたものです。特にお気に入りは、今月このブログでも取り上げたガネーシャのものです。インドのお香と言いますと、かなりくせがあるのですが、このガネーシャのものは焚いた後に程よい香りが残る感じがします。そして次にお奨めが、ガネーシャの左にありますハヌマーンのものです。これもガネーシャ同様に、くせが少ないように思います。神様の名前がつけられているということで、ご利益がありそうなところも気に入っております。

 インドのお香はくせが強く、においがきついものもあります。
 しかし、インドに行ったことがある者にとって、この香りは、特別な記憶を呼び起こします。インドの喧騒、町並み・・・インドが呼んでいる・・・そんな気分に誘われます・・・。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング


雪化粧

goyoumatuyuki.jpg

 本日は朝から雪です。
 東京で見る雪は久々のように思います。
 五葉松もすっかり雪化粧をしております・・・。

東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

5年の月日

 昨日仕事終了後、大学時代のゼミの仲間と食事に行きました。
 自分を入れて3人です。そして一人は以前当院で受付をしてくれていたcyrovtaさん。そしてもう一人は、普段は韓国で仕事をしている友達Aくんです。

 私達が入っていたゼミは、貿易関係を学ぶものでしたが、特に私達は中国経済について勉強をしていました。当時はまだ小平が存命で、その手腕による改革開放路線がどのように進んでいくかというものが主なテーマでした。その少し前は天安門事件がありましたので、改革開放がどこまで進むのか、そして、経済の改革開放は政治の民主化にも繋がるのか、そしてその逆の道もありえるのか、などを学んでいました。大学を卒業して10年以上が経ち、そして、私達はそれぞれの道を進むことになました。研究対象であった中国は今年北京オリンピックを開催するまでに至り、この10年以上の歳月は、多くの変化をもたらしました。

 Aくんとあって話をするのは5年ぶりでしょうか。“10年一昔”と言う言い方からしたら、“5年半昔”。いろいろあります。私は鍼灸学校を卒業し、往診でやりながら、3年前に表参道の治に開業。cyrovtaさんは作業療法士を目指し学校へ入りなおし、半年あまり当院で手伝ってくれました。そしてAくんは東京の商社、タイへの赴任、そしてそこを辞めて韓国へ・・・。三者三様の道を進んでいます。
 三者三様の道ですが、一度会えば、懐かしさと共に、現在進行形の自分たちを見ながら話しが弾みます。もともと三人とも計算高く生きれるタイプではなく、どちらかというと不器用なタイプですので、こうして会っても分け隔てなく話ができます。

 今月の頭にブログで書きましたように、今年に入ってすぐに、30年ぶりの再会がありました。そしてその友達との邂逅で、たくさんの元気をもらいました。
 そして昨日も、懐かしくも新鮮な喜びを味わいました。

 今年は“子”歳。
 十二支のスタート。
 初心に戻る再会が重なっています。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

『白鳥の歌~Farewell Song』 ジャニス・ジョプリン

白鳥の歌 (紙ジャケット仕様)白鳥の歌(紙ジャケット仕様)
(2008/01/23)
ジャニス・ジョプリン、ビッグ・ブラザー&ザ・ホールディング・カンパニー 他

このCDの詳細を見る

 “ジャニス・ジョプリン!!!”
の司会の声ではじまるこのアルバム『白鳥の歌~Farewell Song』は、1982年にまとめられたアルバムです。1967年1月から1970年6月までをカバーしたアルバムです。このアルバム内でジャニスのバックを勤めるバンドは、ビッグ・ブラザー&ザ・ホールディング・カンパニー、フル・ティルト・ブギー・バンド、コズミック・ブルース・バンドと、ジャニスと共に音楽活動をしたバンドを網羅しており、うまく一枚のライブ・アルバムとしてまとめられています。

 圧巻はアルバム最初の『TELL MAMA』です。いきなりぶっ飛ばしてくれます。どこからこんなパワーが溢れてくるのだろうという勢いです。ジョン・ティルのギターもうまいんだか下手なんだかわからない感じの勢いです。

Well, tell Mama all about it
Well, tell Mama what you need
Tell your Mama, baby, what you want
Tell your Mama, baby, what you need
What you want, what you need, what you want
Wow, that make everything all right

 “全て話してご覧よ、そしたら全部が良くなるって”と歌っています・・・。

 話したくても話せない、話せば楽になるのに・・・と思うことはよくあることです。話すことから癒しが始まることもあります。誰にも話せないときは、ジャニスの曲を聴き、そして元気をもらってみてください。話せる人が、周りに現れるかもしれません・・・。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

四国からの帰り

 昨日四国から帰ってきました。今回はスケジュールの関係で飛行機を使いました。
 羽田空港に降りる頃、飛行機の窓の外には夜景が広がっています。とてもきれいな夜景でした。陳腐な表現かもしれませんが、宝石箱のようにきらきらと輝く夜景でした。かつてインドやネパールなどアジアの国を旅し、夜空港についたこともありますが、東京のように明るくきれいな夜景は見たことがなかったように思います。
 一つ一つの明かりの下に、一人一人の生活があります。そこにはどれだけのドラマがあるのでしょうか。普段は地に足をつけている風景を、こうして空から俯瞰してみると、不思議な感覚におそわれます。
 飛行機が無事に地上に着きました。我先にと皆シートベルトを外しては荷物を出し、コートを着たりと慌しくなります。地上に戻った一人一人が、そして私もまた、地上の一つの明かりとして、光として地上に戻っていくのでした。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

千巻経

 本日は四国出張最終日でした。
 四国でお世話になっているお家のそばにある篠姫竜神宮。
 本日は篠姫竜神宮において、千巻経と呼ばれる集まりがありました。千巻経とは、般若心経を1000巻唱えるというものです。もちろん一人で1000巻を上げるわけではありません。そこに集った人々一人一人の唱えた分を数えて1000巻分のお経とします。つまり、1000を、集った人の数で割った分だけ唱えるということです。本日は30人ほど集りましたので、少し多めに35巻分(35回)の般若心経を唱えることになりました。参加者は老若男女様々で、近所の方や少し遠くの方など、篠姫竜神宮をご信仰なさっている方々です。
 前半20回、後半15回に分けられて行われましたが、私はずっと正座をしていたので、足腰、膝がかちこちになってしまいました。そして今回、はじめて竜神様のいらっしゃるため池へつかり行で入りました。腰までしか入りませんでしたが、これがかなり冷たいもので、ほんの数分でしたが、池から上がると足が真っ赤になっていました。
 しかし、なんともいえない充実感もありました。ほら貝の音もきれいに出すことができ、少し嬉しい千巻経となりました。

東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

『DAZZLING SOUNDS』 真心ブラザース

DAZZLING SOUNDSDAZZLING SOUNDS
(2007/11/21)
真心ブラザーズ

このCDの詳細を見る

 真心ブラザースの新譜を聴きました。
 私は真心のファンでありますが、贔屓目に見ましても、まず正直な感想としては、“真心よ、どこへ行く!”という感じでした。前作『FINE』から一年ちょっと経っています。『FINE』が出る前は、しばらく真心は解散状態にあり、それぞれソロで活動をしていました。おそらく解散状態であった頃は、真心でやることの意味が見出せなくなっていた時期だったと思うのですが、前作、今作はまだその余韻を引きずっているかのごとく、“真心としての”活動が見えてきていないような感じがしました。真心解散状態時のYO-KINGソロがあまりにも秀逸でしたので、やはり私はそれと比較してしまいます。
 “真心でやる意味”とは、倉持陽一と桜井秀俊の合体による醸造だと思います。不思議なことに、桜井秀俊が作る曲を倉持陽一が歌うとヒットする、あるいは、いい感じに仕上がる、という方程式が真心にはあります。これは、倉持陽一に歌を作る才能がないというのではなく(むしろ有り余るほどの才能です)、まさに倉持陽一と桜井秀俊の醸造によって醸し出される馥郁たる“味”なのです。これは昔で言えば、マッカートニー&レノンのようなものかもしれません。おそらくファンはもちろん、当の真心自身がそれを知っているのだと思います。それゆえ、今回は倉持&桜井の共作が多く見受けられます。しかし、同時にそれらの共作が、まだ醸造段階に入ってないようにも思われるのです。今回シングルカットされた『ALL I WANT YOU SAY TO YOU IS I LOVE YOU』はさすがに大吟醸的な味わいで、うまく醸造されていますが、まだまだ他のものがついてきてないような気がします。以前の真心のアルバムに比べると、醸造度がまだ低いのです。
 しかし、全体としては前作の『FINE』よりも一段仕込が進んでいるように思うのです。真心がグーッと自分たちの表現を自由に拡げた『KING OF ROCK』の後、その後に出した何作かがありますが、このアルバムの感触はそれに似ているような気がします。つまりこの一枚は、これからどんなお酒に仕上がるか、“真心よ、どこへ行く!”という意味で、これからの醸造の進行が楽しみではないかと思う、期待感のある一枚ともいえるのではないでしょうか。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

Q. ものもらいは鍼灸でよくなりますか?

A. よくなります。

 昨日朝起きると、左目が空きませんでした。昨夜目が痒く、少し強く擦ったためにばい菌が入り、ものもらいになってしまったようでした。私は目が大きいので、ごみも入りやすく、以前はものもらいにもなりやすかったのですが、ここ何年かはできたことがありませんでした。ですので、昨日の朝は久々にあのものもらいの不快感を得て、朝から憂鬱でした。しかし、まだ初期ということもあり、慌てずに自分に鍼とお灸をしました。そうしましたら、スーッと腫れが引いていくのが分り、午後に入る前には治ってしまいました。こういったことを自分で経験しますと、鍼灸師になって良かったなぁと実感もします。
 ものもらいにももちろん本治法と呼ばれる当院の施術を自分にするのですが、臨床的な経験から、さらにものもらいに昔から効くとされているツボにお灸をしておくと、治りはより早い感じがしています。このときに使うツボは、二間(じかん)、合谷(ごうこく)と呼ばれるものです。場所は以下のようになります。状態によって場所は微妙にずれたりしますので、もし詳しくお知りになりたい場合は、近くの鍼灸院の先生に尋ねてみてください。

 ちなみに二間ですが、二説あります。私は写真の位置のものを使っていますが、中にはもっと下のほうのものを使うこともありますので、他の先生に尋ねた場合に、違うところを教えていただいたら、そちらも効果がありますので、そちらでもやってみてください。

monomorai.jpg


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

子という字再び



 子と言う字について再び。
 『群書考異』という本があります。この書物は中国のもで、十干と十二支を解説した本です。 その本文を引用いたしますと、

子滋也,言陽氣始萌,萬物滋生於下。

 とあります。
 これを意訳していきますと、「子は滋です。陽気が萌え始め、萬物の滋が地下で生じ始めたことをいいます。」となります。
 さらに解説を加えますと、「滋」は、滋養、滋味という言葉でもわかりますように、しげる、殖える、孵化する、さかるという意味を含みます。益していく状態を指します。「子ハ滋ナリ」と言うのですから、子は益していく方向性を持った状態ということです。
 それでは何が益していくか?というとことになりますが、「陽気ガ萌エ始メル」とありますので、「陽気」が益していくことになります。どこの陽気が益すのかと言いますと、次に「萬物」と説明してあります。萬物ということは、この世にあるもの全てです。我々人間だけでなく、あまねく一切の事物が萬物です。
 そして、萬物のどこに陽気が生じるのかと言いますと、「下二於イテ」とありますので、これはまだ目に見えない地下の部分を指します。当時を過ぎて、寒の入りとなりますと、寒さが増してきます。しかし、我々の眼には直接入ってこない地下では、徐々に春に向かって動き始めている、ということです。植物で言えば、地下にあるのは根っこの部分ですが、この根っこは、少しずつ今から動き始め、春の開花・発芽に向けています。しかし、地下ですから、まだ私達の目に入ることが少ないので、光景としては寒々としたものとした印象かもしれません。

 子は滋ということで、滋という漢字を見てますと、「益す、殖える、育てる、多い、うまい味」という意味も含みます。さらにこれは「孜」という字に繋がるそうで、「つとめる、思う、厚く愛する」という意味に繋がることがわかります。こういった意味が全て「子」にも通じるということです。

 子という字から、今年の一年の方向が見えてくるように思います。

東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

子(ネズミ)と大黒様

 今年はネズミ年ということで、「子」という漢字から、インドの神様であるガネーシャとネズミの関係をお話ししてきましたが、本日はネズミと大黒様です。

 大黒様と言いますと、頭巾をかぶり、大きな袋を担ぎ、俵の上でにっこりと笑みを浮かべている姿を想像するかと思います。しかし、この姿は日本の神様である大国主命(おおくにぬしのみこと)と大黒様を同じものと考えた場合のものであって、本来のものではありません。実はこの大黒様も、昨日までお話をしましたガネーシャと同様に、インドから来た神様なのです。インドの神様でも最強とされるシヴァ神の化身が大黒様といわれ、戦闘の神様とされています。シヴァ神は、死と破壊、そして再生を主る神様ですので、本来の大黒様はとても厳しい憤怒の顔をしています。
 
 インドから入ってきた大黒様は、日本では商売繁盛の神様となりました。そして、いつの頃からか、ネズミが大黒様のお使いとされるようになりました。
 ネズミは“ネズミ算式”という言葉からも分るように、繁殖力が旺盛です。そして、食料のあるところあるところへと住処を移動していきますので、食料をかぎわける力があるとされ、また食料を自分の巣に溜め込む性質があることから、繁栄を意味するシンボルになりました。ネズミは倉庫を荒らす害獣でありながらも、こうして福を呼ぶ動物としても認められていたわけですが、現代においても、ミッキーマウスやトム&ジェリーなど、かわいらしく楽しいキャラクターに変身してしまうところをみると、古来からネズミが両側面をもっていたことをうかがい知ることができるように思います。このようなネズミの“福”の側面が、大黒様の効験と重なり、いつしかネズミは大黒様のお使いとなりました。
 そこで今でも、暦で「甲子(こうし・きのえね)」の日は大黒様の日とされ、お寺などでは定期的に特別なお祭りがされることもあります。

 大黒様にも様々な像がありますが、三面大黒天という像があります。
 これは、俵の上に立ち、富貴繁栄を授ける打ち出の小槌を持つというお馴染みの形をしながら、向かって左側に毘沙門天、向かって右側に弁才天の顔があり、手は6本あり、剣を持っているものもあります。日本に天台宗を開いた最澄も、この三面大黒天を自作しており、比叡山根本中道前の大黒堂には、この三面大黒天がお祭りされています。

 更に余談になりますが、僧侶が食事に困らないようにと、大黒様はお寺の台所に祭られてることも多かったようですが、こういったことからも、家を支える最も大きな柱のことを「大黒柱」と呼ばれるようになったそうです。

 
 昨日のガネーシャよりも、日本人にとってはより馴染みのある大黒様。
 今年は「子」の年。
 甲子の日には大黒様をお参りしてみてはいかがでしょうか。

【関連情報】
□ 私が好きな大黒様 → 大雄山・最乗寺の三面大黒天



東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

子(ネズミ)とガネーシャ(2)

ganesya2.jpg


 昨日のガネーシャのお話の続きです。

 ガネーシャ神の効験は三つあるといわれています。それは、
一. 人生における障害を除去して、成功へと導くこと。
二. 富の神・福の神であること。
三. 学業・学問の神であること。

 とても現世利益的でありがたい神様です。インドでもガネーシャは、我々生活者の現世利益の味方として、一、二を争う神様です。
 しかし、昨日のブログでもお話しましたように、ガネーシャのヴァハーナ(乗り物)がネズミであるという寓話の意味するところを辿っていきますと、そこには、“自分自身を制御していく”ということが根底にある神様だと思います。逆に言えば、“自分自身を制御する”ことができれば、この三つは自ずと叶うものなのでしょう。
 しかし、これを実行するとなると、とても難しいことで、そう簡単にできることではありません。私などはおいしいものも食べたいですし、直ぐに挫折してしまうでしょう(苦笑)しかしかといって、禁欲が先にあってもなかなか続くものでもありません。ガネーシャ神の寓話が教えることを実践するためにも、まずはある程度の自分が必要な生活を営めてこそ、自分自身を見つめる余裕も出てくるのでは、と私などは思います。やはりこの世で生活するために、現世利益的側面を捨てるわけにはいかないと思います。ガネーシャ神は、まず、自分の生活を営めることを前提に、自分に見合った、自分の身の丈相応に我々の生活を助けてくれる神様ではないかと思います。“自分を制御”することはとても難しいもの。ならば、少し生活を助けてもらって、少しでも余裕を持って、学んでいければと思います。
 象面の異形のガネーシャ神は、強いパワーを持ち、ある意味恐れられてもいます。しかし、我々の味方で、とても庶民的で、我々に近い存在です。ネズミ年の今年、ネズミに乗ったガネーシャ神の力が世界に平和をもたらしてくれることを願います。

※ このガネーシャ神は、仏教にも取り入れられて、歓喜天になりました。この歓喜天もまた不思議な神様ですので、パワースポットとの関連でいつかお話ができればと思います。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

子(ネズミ)とガネーシャ(1)

ganesya.jpg

 インドの神様でガネーシャという神様がいらっしゃることをご存知でしょうか?外見は顔が象で、体格はでっぷりとしたところがありますので、一度見たら忘れられない強い印象があると思います。インドの神様には、ヴァハーナと呼ばれる乗り物(または従者)があります。例えばシヴァ神は牛、パールバーティー神はライオンという具合に決まっていますが、このガネーシャのヴァハーナは、ネズミです。大きな身体の象がネズミに乗るという構図はアンバランスでありますが、どこかユーモラスでもあります。上に掲げましたガネーシャ象を見てください。ガネーシャの左足の膝下辺りにネズミがいるのがわかると思います。

 どうしてガネーシャ神のヴァハーナがネズミなのでしょうか?これには諸説あるようですが、一つ後紹介しておきます。

 ガネーシャが乗っているネズミはもともとガジャムカ(象面)と呼ばれる強力な魔神であったといわれています。ガジャムカは苦行を積み、神にも人にも獣にも殺されないというパワーを得ていました。しかし、魔神ですので、いばっています。そこで、そのどれにも当てはまらないガネーシャが対決することになりました。象面同士の激闘は、最後はガネーシャが自分の右の牙を折り取って投げつけることで決着がつきました。負けたガジャムカは大きなネズミに変わっていたそうで、ガネーシャはこのネズミを自分のヴァハーナにしたという・・・。

 このお話しは寓話的な要素が多いと思います。しかし、その寓話の背景には、何かを教えるための物語が隠されていることも少なくありません。
 先日ブログに書いたスターウォーズのフォースとダークサイドのお話ではありませんが、私はこの寓話を、人の心の葛藤のように思います。我々の周りには欲というものがたくさんあります。ある意味その欲は自分を向上するための意欲に繋がりますが、しかしそれがあまりに強大になりすぎると、それは自らを滅ぼす貪欲になってしまうことがあります。貪欲になり過ぎないように、自分の心(ダークサイド)をうまく制御しながら、向上を図る適切な力(フォース)をもっておく必要があると思います(といいながら、おいしいものも食べたいなぁ~と思う私なのですが・・・。)。ガネーシャがガジャムカを倒し、そしてそれが変身したネズミの上に乗っているというのは、自分を制御していることを示しているのではないでしょうか。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

「子」という字



 今年の干支である「子」という字は、「了」と「一」という漢字で成り立っているという説があります。
 まず、「了」の字ですが、これは昨年の「亥」で、12年周期が終“了”したことを表しています。
 亥は12年周期の一番最後で、陰陽の陰が一番深くなるときです。
 極まったものは必ず循環してまた元に戻る、という東洋医学の考えがありますが、これを古医書の原文では、「陰極まれば陽生ず」といいます。つまり、陰が行き着くところまで行き着くと、次に陽に転じていくということです。子は、陰が終わってようやく陽がぴょこっと出てき始めるときです。
 易では、陰陽の陰を間の空いた棒(--)で表し、陽を間の空いていない棒(―)で表現するのですが、「子」というのは、「陰が終了し、ようやく陽が出てきた」ときですから、終“了”して、陽“―”が出てきたということを表現しているというわけです。
 ようやく陽が出てきた今年、果たしてどんな一年となるでしょうか・・・。

東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

『司馬遼太郎全講演(1)』 司馬遼太郎 朝日文庫

司馬遼太郎全講演 (1) (朝日文庫)司馬遼太郎全講演 (1) (朝日文庫)
(2003/10)
司馬 遼太郎

この本の詳細を見る

 この仕事を始めて、古医書を基にした治療の効果に魅せられており、様々な古医書を蒐集し、読むことが多く、一つの趣味のようになりました。高校生の頃は本といえば小説が多く、大学時代は小説に新書や人文学的なものが加わりました。しかし、現在は古医書がほとんどで、他の本を読む機会が圧倒的に少なくなったように思います。これは寂しいようにも思うのですが、仕事でもありますし、好きなものですので、“嫌”という思いはありませんが、視野が“狭くなる”という感じにはなります。こうなりますと、読む本の“質”を大切にしたくなります。そうなりますと、信頼できる作家を選ぶことになります。そこで私はこういうときは司馬遼太郎などを選んだりします。
 今年初めて購入した本は、この司馬遼太郎の講演集です。司馬遼太郎の主観的な面もありますが、歴史というものをまた見つめなおすのにはとても好著だと思います。司馬遼太郎が講演で話した口調ですので、読みやすいため、寝る間も惜しんでついつい読みふけってしまいます。
 古医書も“歴史”であります。そういった意味で、司馬遼太郎の視点を借りて、新しい古医書の視点も学んでいけたらと思います。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

小寒

 本日は小寒です。
 この日から「寒の入り」になります。そして、この日から節分までが「寒の内」といいます。寒さがここからまた一段と増してくる時期となります。
 しかし、かなり寒い日もありますが、今年は平均すると暖冬傾向にあるようです。東洋の暦で見ますと、今年の冬は暖冬傾向が予測されました。しかし、先日映画『不都合な真実』を観たのですが、CO2による地球温暖化の影響も気になります。昨年は隠れたものが現れた事件が多く、個人的にも気づきの多い年だったように思います。今年はその気づきを実行していく一年にしたいと、小寒のこの日思いました。明日が仕事始めの方も多いと思いますが、皆様は、小寒のこの日、何をお思いでしょうか・・・。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

君は何をしていますか?

 本日、友達が治療を受けに来てくれました。
 たぶん、私が生を受けて一番初めに友達になった友達です。
 彼は保育園時代の友達です。
 友達は、小学校一年生を終えて、新学期が来る前に東京へ引っ越してしまいました。それ以来逢っていないので、30年ぶりです。友達には失礼ですが、扉を開けて入ってきて、最初に顔を見たとき、全く分りませんでした。彼にとってもそうでしょう。かろうじて判別がつくとしたら、右こめかみの大きなほくろくらいでしょうか・・・。
 私は普通にベッドの横へ行き、普通にカルテに目をやりながら問診を始めました。すると、その“患者さん”は、まず開口一番に、
「その前に、名前に見覚えありませんか?」と言う・・・。
私はすぐにカルテに目をやり、心の中でその名前を2回ほど反芻し、そして3回目を反芻しようとしたときに、ぱっと記憶の連鎖が繋がってきました。
「え!?○○くん?箱根で一緒だったあの!?」と、驚きやら懐かしさやら、いろんなことが一辺に出てきました。
 普段治療をしているときは、患者さんにはリラックスしていただきたいので、治療に関すること以外の無駄な話をこちらからすることはありません。しかし、30年ぶりの再会ですから、私も少々興奮気味で、あれこれと聞きたいことがたくさんあり、その気持ちを抑えつつも、いくつか自分の記憶を確かめるように話しかけました。

引っ越す前にうちに遊びに来てくれて、一緒に写真撮ったの覚えてる?

誕生日に『新巨人軍なんでも入門』もらったよ~。あれよく読んだな~。

『およげたいやきくん』流行ってたよね~~。

一緒に遊んだとき、女の子もいたよね?あれ誰だろう。
 ・
 ・
 ・

 いろんなことが思い出されます。本当に不思議です。保育園の砂場の風景、一緒に歌を歌った風景、『およげたいやきくん』の振り付けを考えたことなどなど・・・。
 そして記憶の綱を辿っていくと、子供ながらに自分が当時何を感じていたかも少しずつ甦ってきます。
 友達が東京へ引っ越すとき、私は悲しくてしかたなかった。小学校一年のときは、クラスが別々になってしまったので、少し距離ができていたとはいえ、一番仲が良かったので、やはり寂しい気持ちで一杯になりました。別れの当日、友達はうちに遊びに来てくれたのですが、普通に遊ぶのも何か変で、かといって何をしていいのかも分からず、近くの公園を歩いて写真を撮ったのを思い出します。たぶん、あと、何と言いますか、“東京へ行っちゃうんだ・・・。ヘン!もう知らない!”みたいなひねくれたところもあったのかなと、複雑な心境もあり、冷たくしちゃったかなと思うようなところも・・・。
 何はともあれ、懐かしい再会に、思わず涙が出そうでした。

あの時一緒に遊んだ友達
今  君は何をしていますか?
今  君は何を感じていますか?
最近ときどき、君のことを思い出します・・・。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

2008年、仕事始め

kirie.jpg

 本日1月4日より、治療院始動です。
 中国の「福」の切り絵と、ねずみがお迎えしてくれます。
 皆様にたくさんの福が訪れますよう、新春を祝いながらの今年の仕事始めです。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

銀杏を植える

 夕方、日枝神社へ行きました。
 ここ何年か、元旦ではなく、このお正月の2日か3日に日枝神社に行っております。本年も、ここ何年かの恒例として、日枝神社へお参りに行きました。
 境内へ向かう石段を登る手前で、イチョウの落ち葉を見つけました。昨年12月最後のほうのブログでイチョウ・銀杏についてお話をしましたが、ネットなどで調べてみますと、イチョウはとても丈夫な植物で、落ちている銀杏を植えても芽が出るとありました。そこで、うちでも銀杏を植えてみたいなぁと思っていました。思った時点ですでに銀杏が落ちている時期は終わってしまいましたので、来年に持ち越しとなったのですが、イチョウの葉っぱが落ちているのを見ますと、もしかしたら銀杏もあるかもしれないと、下をきょろきょろ見渡してしまいます。そこで今回もこの日枝神社の石段の下できょろきょろと探してみました。しかし、ぱっとみ見当たりません。やっぱり時期を逃しているんだなぁと、石段を登って本殿まで向かいました。
 お参りを終え、お守りなどを売っているところへ行きました。日枝神社は、絵馬や干支の置物が豊富ですので、そういったものを見るのも楽しみの一つです。端から端まで見て歩いた最後に、「福銀杏」というものを発見!!これは何かの思し召しか!!と思いました。しかし、炒ってあっては明らかに芽は出ない・・・。
そこで、そこにいたアルバイトらしき若い巫女さんに聞きました。
「すいません、これって炒ってあるんですか?」
「いや・・・。わかりません・・・。炒ると美味しいとは聴いてますが・・・。」
「あ、おいしいですか(笑)」
 仮に炒ってなくても、洗浄したりしているでしょうから、芽が出ない可能性が大きいかもしれません。仮に炒ってあっても、おいしいならいいか・・・などと一瞬自問自答。
「じゃあ、ひとつください。」
と、一袋購入してまいりました。さっそく空いている鉢に3つほど植えてみました。
春になり、暖かくなったらどれか一つでも芽が出るかもしれません。そんな期待を込めて、銀杏の鉢に、水をあげるのでした。

 日枝神社では毎年「太郎次郎一座」の猿回しがあります。今回も見てまいりました。サルの表情やしぐさが楽しく、笑えます。猿回しは魔を払う縁起のいい芸だそうです。お正月の時期はたこ焼き、やきそば、大阪焼きなどのお店も並び、お祭り気分で楽しめます。お時間がありましたら日枝神社に足を運んでみるのもいいかと思います。
 


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

映画 『スターウォーズ』を観て

スター・ウォーズ エピソードI ファントム・メナススター・ウォーズ エピソードI ファントム・メナス
(2001/11/08)
ユアン・マクレガー、リーアム・ニーソン 他

映画の詳細を見る


 大晦日からお正月にかけて『スターウォーズ』を観ておりました。こういうと意外に思われるかもしませんが、『スターウォーズ』を観たのはこれが初めてでした。“瀬戸君は(顔が)ヨーダに似ている”と言われていたので、何となく親近感は持っていたのですが、結局今まで観ることがなく通り過ぎていきました。
 食わず嫌いといいますか、どうも流行りものに食指が伸びにくいところもあります。そんなことですと、名作というものを見逃すことも多く、もっと早く観ておけばよかったなぁとおもうことも多々あるものです。この『スターウォーズ』も、やはりもっと早く見ておくべきだったと思った次第です。しかし、やはりこのタイミングだからこそこの映画を観たのかもしれないという変な納得感もあるのが不思議です。

 映画の内容は、フォースとダークサイドの戦いです。フォースとダークサイドのそれぞれの意味は、映画を観る人それぞれの解釈に任せられていると思いますし、どちらの世界で生きるかというのも、それぞれの選択なのかもしれません。どちらがいいとか、悪いとかではなく、どちらもあって宇宙のなかもしれません。一人の人間でも、ダークサイドが強いときもあれば、フォースが強いときもあります。それは、東洋医学で言う陰陽消長にも似ているところもあります(この場合も、何が陰で、何が陽というのではなく、相対的な比較としての陰陽ということで)。
 せっかく生きているこの世ですから、自分なりに何かを成し遂げておきたいという価値観があると思います。そして更にその価値観を支えるもっと大きな“フォース”。ジェダイを見送るときの台詞に、“フォースと共に”というのがあります。我々は、大きな宇宙のフォースの中で生きている、そのフォースと共にあることで、自分の心が求める方向をクリアにしていける・・・。そんな力が欲しいものですが、まずはそんな力が、今時分のいるこの空間にも存在している・・・そしてそれを常に感じていること・・・そんなことが大切なのか・・・と、観終わった後、架空の世界の架空の話が、不思議とリアルに感じることができました。

心のライトセーバーはどこにあるのでしょうか?

その前に、顔が似ていると言われたことのある、“マスター・ヨーダ”の人形を探してこようか・・・。


【今回見たその他のシリーズ】

スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃
(2002/12/06)
ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン 他

映画の詳細を見る

スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐
(2005/11/23)
ヘイデン・クリステンセン、ユアン・マクレガー 他

映画の詳細を見る



東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

謹賀新年

enoshima348.jpg


明けまして、おめでとうございます。

昨年中はたいへんお世話になりました。
本年も、鍼の道に邁進してまいります。
今年も、健康で楽しい日々となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

平成20年 元旦
源保堂鍼灸院・院長  瀬戸郁保

※ 本年は1月4日(金)より鍼療をはじめます。

東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング