ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

『見仏記』 みうらじゅん・いとうせいこう

 イラストレーターみうらじゅんと言えば、“マイ・ブーム”、“ゆるきゃら”、“ぼく宝(ぼくほう)”など様々な造語を付く出していることで有名です。イカ天世代としては、“大島渚”というバンド名で出演していたことが記憶のどこかに残っているのではないでしょうか。
 みうらじゅんの活動の範囲は、彼の数々の趣味がそのまま形になったようなものばかりで、その姿は人生を謳歌する姿勢そのものであり、我々に人生の楽しみ方を伝えているような感じがします。その活動はとても羨ましく感じるときもあります。普段仕事をしていますと、そこまでは出来ませんので、彼の視線を通して、ときどき私も人生を楽しませてもらっているところがあります。
 さて、そんな楽しさの連鎖をしてくれるみうらじゅんの作品群ですが、中でも私が好きなのはこの『見仏記』です。これは“仏友”いとうせいこうとの共著です。文章はいとうせいこうが担当していますが、読んでいると、みうらじゅん化していくいとうせいこうを感じ、いとうせいこうが書いているのか、みうらじゅんが書いているのか分からなくなるところがあります。
 正統な仏像見物のガイドではありませんが、仏像を見ることの楽しさをストレートに伝えてくれる好著です。
 本来仏像というものは、自分と仏像をつなげる心が大切だと思います。その仏像を見る素直な楽しさ、自由な楽しみ方をこの本から感じることが出来ます。

 これは私の体験ですが、昨年こんなことがありました・・・。
 昨年東京国立博物館で開催されていた仏像展。
 休みをみつけて私も観に上野へ向かいました。
 日曜日ということもあり、たくさんの方が訪れていましたが、そこである仏像を見ておりましたら、背後から私の背中を叩く人が・・・。
 びっくりして後ろを振り向いたら、なんとそこには患者さんがおりました・・・。
 「これはほんとうに仏縁だ・・・」と、とっさに挨拶がでないほど驚きました。

見仏記 見仏記
いとう せいこう、みうら じゅん 他 (1997/06)
角川書店

この本の詳細を見る
見仏記〈2〉仏友篇 見仏記〈2〉仏友篇
いとう せいこう、みうら じゅん 他 (1999/01)
角川書店

この本の詳細を見る
見仏記〈3〉海外編 見仏記〈3〉海外編
いとう せいこう、みうら じゅん 他 (2000/08)
角川書店

この本の詳細を見る
見仏記4 親孝行篇 見仏記4 親孝行篇
みうら じゅん、いとう せいこう 他 (2006/01/25)
角川書店

この本の詳細を見る





東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト

作成快調

blendbook.jpg

 先日のブログで、ハーブティーの解説冊子用の写真を撮っていると書きましたが、ハーブティーの解説も書き揃え、いよいよ出来上がってきました。昼休み時間に撮影・製作しているので、少しずつ作業を進めてきましたが、形が出来てきました。
 今回載せるものは定番ブレンドを五つくらいですが、これでいつも治療後に飲んでいただいているハーブティーを身近に感じていただけたらなと思います。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング


Q.鍼灸治療後にお風呂は入ってもいいですか?

A. 問題はありませんが、軽めに入ってください。
 鍼灸治療を受けた後、お風呂に入ることは問題はありません。しかし、お風呂に長時間入りますと、呼吸が荒くなり、せっかく鍼灸治療で調った身体の気血の巡りを失うことになりますので、長風呂は避けるようにしてください。鍼灸治療の後は、軽く身体の汚れを落とす感じでお風呂にお入り下さい。

【関連情報】
□ 表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
  『コラム 東洋医学って何?』「お風呂」


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

Q.鍼はリラクゼーションになりますか?

A. 鍼はリラクゼーションになります。
 
 鍼灸治療は局所ではなく、全身に効果が波及するものです。鍼灸治療をしますと、全身の経絡(けいらく=気の流れる道筋)の滞りがとれますが、その滞りが取れますと、経絡の流れが良くなりますので、とてもリラックスした状態になります。お疲れになっている方などは、治療中に寝てしまうこともあります。
 現代社会は“ストレス社会”と称されますが、ストレスは単なる精神的な緊張だけではなく、身体にも緊張を及ぼし、それが過剰になると不快な症状が取れなくなったりします。
ストレスを取る施術は、足裏、マッサージ・指圧、アロマテラピーなど様々ありますが、その中の一つに鍼灸治療を選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。



東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

撮影快調

harbtea.jpg

 当院では治療後にお茶をお出ししております。
 特にハーブ・ティーに関しては、独自にブレンドをしています。前からハーブ・ティーを解説したものを作ろうと思っていたのですが、その計画が延び延びになっていました。そこで改めてその計画を実行しようということになり、お昼休みなどにハーブ・ティーの撮影をしております。昨年は受付のほしクルさんとブレンド作りに力を入れてきましたが、こうしていくつかのブレンドレシピを眺めて撮影をすると、けっこう定番ブレンドができたことを実感しています。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

再会 京都・三条『まつひろ商店』にて

 先日四国出張の帰り、京都に寄りました。
 そして以前何度か行ったお店へ向かいました。
 そのお店は、がま口専門店『まつひろ商店』です。
 もう3年以上も前のことですが、そのときは京都の聖護院に足を運ぶ途中でした。まだ京都の地理に詳しくない頃で、いつも方向感覚を失い道に迷っていたときです。とりあえず四条から聖護院へ、あてずっぽうで歩いていくことにしました。
 四条から三条まで歩き、さてここからどこに行こうかと思い、とりあえず大きめの道の歩道を歩きました。偶然通ったその道の途中に「まつひろ商店」がありました。
 「まつひろ商店」の前を通ると、店頭に並んである大小様々ながま口に目が留まりました。昔ながらの和風な柄をはじめ、モダンな感じのするもの、かわいい生地など、所狭しとたくさんのがま口が並べてありました。
 聖護院へ向かうのもしばし忘れて、店内のがま口を眺めました。ちょうど小銭入れを探していたときだったので、ぴったりとこのお店が自分にはまりました。たくさんのがま口の中でも、そのとき私の目に一番留まったのは唐草模様のものです。しかしその唐草模様だけでも、緑や紺、シルバーなどいくつか種類があり、どれがいいか迷いました。

 購入するときは店主のおばさまとお話をしたのですが、このおばさまがまた気さくで楽しい方で、聖護院に行く時間がさらに延びたりもしました。そのときは、おばさまのがま口にかける思いを話してもらったり、また、自分が鍼灸師をしていると言うと、「あんたがんばりや~」と励ましてもくれました。
 そんな偶然の縁でしたが、その後何度か「まつひろ商店」にはうかがいました。

 それからあっという間に時間が過ぎて3年・・・。
 すっかり私の唐草模様のがま口もくたびれてきました。穴こそまだ開いてませんが、かなりやぶれてきており、そろそろ新しいのが購入しなくてはと思い続けていました。
 そして今回時間ができたので、新しいがま口を購入しに、そしてあのおばさまは元気かなと思い、三条まで向かいました。

 お店はしっかりとありました。

 そしておばさまも元気でした。

 おばさまはがま口の口を点検している最中でしたが、ひょっと私の方を見ると、なんだかちょっと思い出したような・・・。しかし3年の月日が経っていますので、そんなことないよなと思いつつ、
「以前何度かここへ来て・・・。」とおばさまに話しかけました。
 するとおばさまは、遠い記憶を手繰り寄せるように、少しずつ少しずつ、
「何度か来なはったよなあ・・・・」
がま口をカチャカチャしながら、
「えっと、東京の人やったかな・・・」
目線はがま口に注がれながらも、ときおり私の方へチラチラ向けながら、だんだんと思い出してくれたようでした。
 そして私が鍼灸師をしているということをお話しすると、ほぼ完全に思い出してくれたようでした。
 東京で開業したことを報告しました。
「そうかあ・・よかったなあ」と言ってくれました。
「いやあ、今年で3年目に入りますけど、まだまだ大変ですよ・・・。」と私が続けると、
「そりゃ、あんた当たり前やで。このお店だってみんなに知れるようになるんに3年くらいはかかったんやで~。」と。
 そういえば、最初にここへ来たとき、おばさまはこのがま口を、京都の老舗かばん工房である一澤帆布(いちざわはんぷ)のようにしたいと言っていたのを思い出した。
 私は心の中で、「石の上にも三年だな・・・」と思った。まだまだ丸2年が終わったばかり。まだまだこれからだと気持ちを新たにしました。

 久々にお会いし、お話ができてとても嬉しく、また元気付けられました。おばさまの関西弁によるお話は健在でした。

 みなさまも、京都に行くことがありましたらぜひともこのまつひろ商店に立ち寄ってみてください。いろとりどりのかわいいがま口が、見つけられるのを待っているかもしれません。
 
【関連情報】
□ まつひろ商店


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

『サヨナラCOLOR』 竹中直人監督・主演


サヨナラCOLOR スペシャル・エディション
サヨナラCOLOR スペシャル・エディション
竹中直人 (2006/04/28)
ハピネット・ピクチャーズ
この映画の詳細を見る

 高校時代の同級生が、病院の先生(竹中直人)とその患者さん(原田知世)という立場で再会する。初恋であり、かつ最後の恋としてずっと封印していた思いが、この再会で再び込み上げてくる。この二人の交流を描いたラブ・ストーリーです。
 とてもゆったりとした時間の流れを感じさせる映画で、また、竹中直人らしいコミカルな演出も多数あり、観ていて飽きることはありませんでした。また、忌野清志郎、三宅伸治、スチャダラパー、斉藤和義など多くのミュージシャンも参加しており、それを観るのもいいかもしれません。
 舞台は江ノ電周辺、そして海。海のシーンは気持ちがいいです。

 もし伝えたいことがあるのなら、いつか伝えないともったいない。
 話したい人がいるのなら、とことん話しておかないともったいない。
 観ておきたい風景があるのなら、いつまでも観ていたい。
 ・
 ・
 と、見終わったあとに思いました。
 悲しいところもありますが、とても素敵な純愛ストーリーです。

 ヒプノ・セラピーをしていて、親子関係、恋愛関係など様々な人々の関係をうかがうことがあります。一つ一つがかけがいのない出会いであり、別れであり、そしてそこから始まる物語がたくさんあります。“自分”という名のストーリーを感じることができたらなと思います。

【映画データ】
出演: 竹中直人, 原田知世, 段田安則, 雅子, 中島唱子
監督: 竹中直人
DVD発売日: 2006/4/28
時間: 119 分

(関連情報)
□ サヨナラCOLOR公式HP

東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

昆布

 昨日は旬の野菜についてお話をしました。
 旬といえば、この時期海藻もおいしい季節です。
 海藻の中でも、昆布のご紹介をします。
 昆布はうまみ成分の一つであるグルタミン酸を多く含み、鍋やお味噌汁などの出汁としてよく使われることが多いですが、それだけが昆布の魅力ではありません。
 まず一つは昆布にはカルシウムが多いことです。カルシウムは身体の骨の材料です。骨粗しょう症などの予防にもいいですし、また、他にもカルシウムは身体の中で様々なはたらきをしてくれていますので、昆布を食べてカルシウムを摂取することをお勧めいたします。
 そして、もう一つは水溶性の食物繊維が豊富である、ということです。食物繊維が豊富ですので、便秘の解消にも役立ち、腸をきれいに掃除してくれます。腸がきれいになりますと、血液もきれいになりますから、身体の滞りも少なくなり、疲労回復、快眠にもつながります。
 他にもフコイダンと呼ばれる癌を抑制するものも含まれており、これは胃の粘膜も保護してくれます。
 当院のこのブログではお馴染みとなった李時珍の『本草綱目』によりますと、昆布の主治は、身体の中の水の流れを良くし、顔のむくみを取るとあります。そして続けて、顔だけではなく他のむくみも取ることも書かれています。
 このように、昆布は身体の機能を回復する作用があります。出汁を取るだけではなく、出汁を取った後のものもしっかりと食べてみてください。身体の回復に、昆布が一役かってくれると思います。



東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

旬の野菜を食べる

 冬の旬のものを考えて見ますと、大根、カブ、白菜などがありますが、これらの特徴として味が薄いということが挙げられます。
 五行で分けると、冬の味は、「鹹(カン、しおからい)」となっています。これは、文字通り「しおからい」ものを挙げていると言えますが、冬の旬の野菜などから考察を加えてみると、単に「鹹(しおからい)」ものだけではなく、同時に“「しおからさ」で味が引き立つもの”をも意味していると思います。この冬の旬の野菜や食べ物の多くは、一つまみの塩加減によって味がかなり変わってきます。
 このような自然界の味についても東洋医学は古来より把握していたのかなと思ったりします。
 まだまだ寒い冬が続きますので、大根、カブ、白菜、そして小松菜などの緑の旬の野菜も加えて、鍋をするのもいいかと思います。そのときは、ぜひともこの微妙な塩加減をしてみてください。きっと冬の野菜がおいしく引き立つと思います。



東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

四国出張のお知らせ

☆☆☆ 四国出張のお知らせ ☆☆

1月21~23日まで、四国で仕事をします。
そのため治療院はお休みになりますが、どうかご了承お願いいたします。

※ 四国出張明けの24日(水)は平常通りの営業時間です。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

ベートーヴェン交響曲第6番『田園』

ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」 ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」
金聖響 (2006/07/26)
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ

このアルバムの詳細を見る

 昨日のブログで、春の気配を感じる土用のお話をしました。暦の上では、今年は2月4日が立春になります。まだまだ寒い気候が続きますが、春の暖かさは立春に向けて、もう、すぐそこまでやってきています。
 そんなこともあり、治療院でかけているクラシックも、春めいたものにしようと思っています。
 今日冒頭に掲げたベートーヴェンの交響曲第6番『田園』は、春に似合う曲ではないでしょうか。ベートーヴェンといいますと、耳が聞えないという音楽家にとっては過酷な状況の中で、孤独と闘いながら多くの名曲を残した偉大な作曲家です。その多くの作品の中でも、自らの運命を表現するかのような、『運命』が最も印象に深いように思います。
 しかし、その一方で、この『田園』のような明るい曲も書いてあり、その対比に、またベートーヴェンの偉大さを感じたりもします。『運命』という内的な心象風景の表現はもちろん世界の作曲家の中でも随一ですが、『田園』のように自然の美しさを表現した曲を作ってもすごかったということが、この二曲の対比からでも分かるように思います。
 今回冒頭に挙げましたアルバムは、今注目の指揮者である金聖響さんによるもので、とても聴きやすい一枚です。クラシックはどうも・・という方にとっても、入りやすい一枚ではないかと思います。といいながら、私もそれほど詳しいわけではないのですが、とても聴きやすく感じました。治療院で流していて気持ちよく流れます。クラシックをかけながら春の光を感じるのはいかがでしょうか。

 ちょうど今『敬愛なるベートーヴェン』という映画が上映されています。時間があれば観てみたいと思うのですが、時間が取れるか微妙です・・・。

【関連情報】
□ 敬愛なるベートーヴェン公式HP
□ Official Website of Seikyo Kim and Tatsuya Shimono


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング



土用に入る。

 昨日から冬の土用に入りました。
 土用は各季節の最後18日間で、次の季節が来るまでの橋渡し的な期間と言えます。次の季節に移行するまで、今の季節を完成しつつ、次の季節への準備をする期間になります。たとえばこれを自然界に置き換えますと、冬は種の状態でじっと耐えているわけですが、それと同時に、春の気配を感じながら発芽をするのを待っている状態になります。東洋医学的な診断では、そのような身体の変化を捉えていくことが大切になりますが、観察しておりますと、人の身体もこの季節は次の季節に移る準備をしているのが分かります。
 立春が来るまで、途中に大寒が入ります。ですので、この時期は寒さが一番厳しくなるときでもあります。しかし、そんな寒さの中にあっても、季節は土用でもあり、春の気配を感じる季節でもあります。季節の変化を暦とともに感じてみてはいかがでしょうか。

 

東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

「病」という字



 「健康」の反対語に、「病気」という言葉があります。
 この「病気」は、「気ヲ病ム」または「病ンデイル気」と漢文読みをすることができます。
 それでは、「病ンデイル」状態とは一体どのようなことなのか?この「病」という字を紐解いてみたいと思います。

 「病」の字の中には「丙」という字があります。この「丙」という字は、甲・乙・丙・丁・戊・・・・と続く十干(じゅっかん)の「丙」のことで、これは日本語で「ひのえ」と読みます。
 十干の説明をすると長くなるので、今日はこの「丙」にのみ絞って書きますが、この「ひのえ(丙)」は、漢字で書きますと「火の兄(陽)」となります。
 東洋思想では万物を木・火・土・金・水という五行に分類するのですが、そのうちの火に配当される十干が「丙」と「丁」です。
 「丁(ひのと)」は「火の弟(陰)」であり、「丙」は、「火の(陽)」です。「丙」「丁」とも同じ火に配当されますが、「丁」はろうそくの灯りのような火を指し、「丙」は太陽のような明るい火を指しています。五行の中で火は陽の性質を現しますが、「丙」はその火の中でもさらに陽の性格を持っているので、五行の中でも最も明るい性質を持っています。
 つまり、このことからも分かるように、「丙」というのは太陽のような明るい火ですから、“壮んな様子”“輝く様子”を現す漢字です。
 そしてその「丙」にかかる部首は「疒(やまいだれ)」です。この「疒」は、“寝台に人が病気や苦痛で伏せている”状態を現す部首です。
 以上のことから、「病」という字は、“壮んな状態・健康な状態”が“苦痛で伏せてしまっている”様子を表現しています。
 病気になると、元気な壮んな様子は影を潜めてしまいます。そのような状態をこの「病」という漢字は端的に示しています。
 この「丙」が現す明るさとは、公明正大さや、周りを明るくするような雰囲気も表しますので、単に肉体的な壮んさだけではなく、心や精神状態の明るさも含まれると思います。
 今一度この「病」という字を紐解いてみると、対峙する「健康」な状態も見えてくるように思います。身体だけでなく、精神的な健康も含めて、この「丙」の意味する状態を維持していきたいものだと思います。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

一つ一つ

 一月も半ばを過ぎて、今年の日常がすっかり戻ってきました。
 当院も今年の2月で丸2年になり、3年目に入っていきます。
 開業前の準備では、同業の知人の治療院を参考にしながら備品を揃えたことを昨日のことのように思い出します。光陰矢のごとしとはよく言ったもので、ほんとうにこの2年間は矢のようにあっという間に過ぎていきました。
 このブログやホームページもそうですが、いっぺんに全てができたわけではなく、一つ一つ気が付いては手直しをし、そしてさらにそれを改善していく・・・ということの連続です。
 例えば当院で使っている初診用のカルテですが、最初の頃は出来合いのものを使っていましたが、どうもそれでは不備が多く使い勝手が悪かったので、自分で作ったものを現在は使っています。このカルテもまだまだ改善の余地は残っており、印刷を頼むたびに少しずつ少しずつ変わっています。
 このように一つ一つやってきたことが、この丸2年間で積み重なってきたなと思います。よりよいものを提供できるように、学術も積み重ね、360度に目を配っていこうと思います。



東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

『空中庭園』

空中庭園 通常版 空中庭園 通常版
小泉今日子 (2006/05/26)
ポニーキャニオン

この映画の詳細を見る

 最近のニュースを観ていると、「家族」とは一体何なのだろうと思うことがよくあります。何かの縁をもって「家族」として過ごしていますが、ときにその家族が重くのしかかることがあります。家族のあり方に答えはないのかもしれませんが、家族というテーマは深く我々の人生に学びの糧を与えてくれます。
 この映画は、家族というものを考えるきっかけを与えてくれるのではないでしょうか。“家族全員隠し事をしない”“全てを家族に打ち明ける”ということを理想とし、それを実践しているごく普通の家族・・・。しかし、隠し事がない人がありえないように、この家族の実態も、実は虚虚実実の世界の“演じている”家族でしかない。現実を見ないように、見ないようにしながら理想の家族像だけを追い求める。その理想と現実のやるせない破綻は、ある日突然やってくる。

 大楠道代演じる祖母が、自分のバースデーケーキを前にしながら“やり直し、繰り返し”というフレーズを何度も繰り返します。そのシーンには、やり直したくてもやり直せない絶望感とともに、やり直そうと思えば今すぐにでもやり直せるというわずかな望みを“繰り返し”つぶやいているように思えます。
 そして、赤い雨に打たれる中、小泉今日子が演じる絵里子がわだかまっていた遊園地での記憶が動き出す。
 
 繰り返しながら、やり直しながら、人と人は結びついたり離れたり。そして一つ学んではまた失敗し、そしてまた学んでいく。いろいろな意味で、繰り返し繰り返し大きなテーマを学んでいるのが人生なのだろうか・・・。
 
【映画データ】
出演: 小泉今日子, 板尾創路, 大楠道代,鈴木杏, 広田雅裕, 國村隼
監督: 豊田利晃
DVD発売日: 2006/5/26
時間: 114 分


参考

こちらは映画の原作です。
空中庭園 空中庭園
角田 光代 (2002/11)
文藝春秋

この本の詳細を見る


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

「つ」がつくまで。

 最近小児鍼を受けに来院される赤ちゃんが増えております。
 小児の場合は大人の治療と比べて診断材料(脈など)が少なく、身体も小さいために治療の量を調整するのが難しく、経過を見ながら治療を進めていかなくてはなりません。そのため、結果がすぐには出ないこともあり、治療者としても難しいところがあります。しかし、治療が進みますと効果は出てくるもので、そうなりますと、赤ちゃんはもちろん、ご家族の方にも喜んでいただけます。小児鍼は気持ちがいいもので、治療中の赤ちゃんの顔は、気持ち良さでよりかわいい笑顔になっていきます。

 先日60代の患者様とお話をしていたとき、子育てのお話になりました。
 私が、
「子育てで一番大変だった時期って言うのは、子供が何歳頃ですか?」と聞くと、
「そりゃあ、生まれたばかりの頃とか、まぁ、一歳になるくらいまでですかね~~。一番といえばその頃よ。」というお返事が返ってきました。そして続けて、
「昔から“『つ』が付くまではいろんなことがあるから、その間は気をつけなさい”って言うのよ。だから、その間はもうとにかく愛情を注いで、目を離しませんでしたよ。」とおっしゃられました。
「『つ』が付くとはどういうことですか?」と私が質問すると、
「『つ』というのは、一つ、二つ、三つって数えるでしょ?その『つ』のことですよ。だから九つまで、学校で言えば小学校三年生くらいまでかな。」と答えてくれました。

 昔から言われていることは、多くの先人の経験的なもので、そこには“なるほどな~”と思わせることが多々あります。この“「つ」が付くまで”というのも、とても意味深いものだと思いました。
 親が子供に注ぐ愛情は、何歳になろうとも変わらぬものだと思いますが、この“「つ」が付くまで”の間は、とにかく大きな愛情が注がれているのだなと、患者様から教えていただきました。

 

東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

『心の扉を開く -聖なる日々の言葉-』 アイリーン・キャディ著

心の扉を開く―聖なる日々の言葉 心の扉を開く―聖なる日々の言葉
アイリーン キャディ (1998/04)
日本教文社

この本の詳細を見る

 一昨日のブログに、一日を大切にしていきたいという願いを書きました。
 今日ご紹介するこの本は、1月1日から12月31日まで365日、一日一ページ使って日々の癒しの言葉が書いてあります。
 毎日一ページずつ開くも良し、
 自分の誕生日の日のページを何度も読み返すも良し、
 ぱっと直感で開いたページを読むも良し・・・
 と様々な使い方ができる一冊です。
 一日一日の積み重ねを、この本とともに進めてみたら、とても充実した365日になるのではないでしょうか。心が重いとき、心の扉を開く助けになるかと思います。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

嬉しい訪問

 一昨日患者さんが訪れてきました。
 生理痛、腰痛で来院されていた方ですが、突然の訪問でした。

「瀬戸先生、今日は報告に来ました~~。」
「どうしたの?何かあった??」
「いやーー、ようやくですね、1月の5日にスタイリストデビューをしたんですよ~~~~!!!」と大喜びの様子。鍼灸治療を受け続けてきたこともあり、以前よりも顔色もよくなっていますが、この日の表情は何よりもスタイリストになれた喜びでとても明るくにこやかでした。
 そして、「いやー、ほんとに嬉しいですよ~~。おかげで体調もいいし、これからもがんばれます!」と終始話しは楽しく喜びに満ちて続いていきました。最初に来院されたときは、症状が一番辛いときでもあり、また、美容室内での試験でもうまくいかず、心身ともに疲れていたときでした。徐々に体調を取り戻し、気持ちも前向きに変わっていき、そして晴れて、原宿の美容室のスタイリストです。お客さんがまだついていないということですが、スタイリストとしての新たな目標に向かっているようです。
 心身ともに健康を取り戻した方の喜びを、ちょっとばかりおすそ分けしていただきました。こういった訪問は何より嬉しいものです。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

今日一日は常に特別

calendar2.jpg

 少し見にくいですが、これは今年のカレンダーです。
 一年365日をこのように整然と並べてみると、一年はこんなものしかないのかなと思ったります。逆に言えばこれしかないのだから、一年はあっという間なのかもしれないと、時の速さに納得もしたり・・・。
 まだ今年は始まったばかりですが、この先どの日にどんなことに出くわすのでしょうか。一日、一日はとても短くあっという間です。一見すると変化が無いように見える一日でも、そのような一日の積み重ねをしていくことで、大きな収穫のある一日を迎えることもあります。
 積み重ねている一日は、収穫の一日のためへの一日です。どの一日も、24時間であり、1440分という同じ時間です。
 今日は1月11日。手付かずの一日がまだ今年は354日あります。
 収穫の一日はいつやってくるかわかりません。しかし、その日に向かって過ごす今日一日があるからこそ、この特別の日が楽しくあり、喜びなのだと思います。

その特別な一日が、
今日来るかもしれません。
明日来るかも知れません。
そのために今日何ができるか?
そして今日は何をしたのか?
特別な日を、どんな一日にしたいですか?
結婚式の一日でしょうか?
旅行の一日でしょうか?
思いっきり笑った一日でしょうか? 
映画を観て泣いた一日でしょうか?
飛び切りおしゃれをした一日でしょうか?
平凡にみえる何でもない一日。
どれも一日に変わりはなく、
どれも特別な一日。
あなたの今日一日は、
あなたそのものです。
今日はどんな一日になるでしょう。



東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

勝ちの種

 今日は受付のホシくるさんがお正月休みを明けて、初仕事にやってきました。ふるさとから持ってきてくれたお土産がこの『勝ちの種』です。

katinotane.jpg

 新潟といえばアルビレックス新潟。
 地元密着を目指して始まったJリーグですが、その中でもアルビレックス新潟は地元にかなり密着したチームで、このパッケージの裏にも“地元の誇り!”という文字が入っています。
 「勝ちの種」は、新潟の地元企業である亀田製菓の商品「柿の種」をもじったものです。
 そしてその味は・・・
 「柿の種」と一緒です

 お正月から「勝ちの種」。
 なんだか縁起のいいお土産をいただきました。

【関連情報】
□ アルビレックス新潟公式ホームページ
□ 亀田製菓
□ 表参道・新潟館ネスパス



東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング


Q.頭痛は鍼灸でよくなりますか?

A. よくなります。(鍼灸治療が適応しない頭痛もあります。)

 頭痛も鍼灸でよくなる症状の一つです。頭痛は古くからある症状の一つで、古医書が確立される遥か以前の時代に書かれた甲骨文字の中にも、頭痛を表す文字がすでにあるそうです。このように太古から現在まで、頭痛は多くの方が悩まされる症状の一つです。

 頭痛を現代医学的に分類しますと、片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛 、いろいろな病気に伴う症状としての頭痛(器質疾患による頭痛)、薬剤性頭痛、頭痛を誘発する食品、頭痛薬の過剰使用に伴う頭痛に分かれます。

 このうち“いろいろな病気に伴う症状としての頭痛”とは、脳腫瘍、骨髄炎、くも膜下出血、脳卒中のようなものが含まれ、これらは鍼灸の適応外になります。 これらのものは痛みが激しく、また、言語がうまくでないなどの症状を伴うことが多いので、もしこれらの症状も重なるようでしたら、病院での検査や治療が必要となります。

 鍼灸での適応となる頭痛は、偏頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛などです。これらの頭痛は、病院で検査してもどこも悪くないことも多く、薬も対処的にしか効かないことが多いものです。また、これらの頭痛の場合は、肩こりや目の疲れなど付随した症状も多く、疲労やストレスなどが重なることで、頭痛が誘発されることもしばしばあります。鍼灸治療は部分だけでなく、前進の緊張を緩める作用がありますので、このような頭痛症状をよくしていくにはよい療法です。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

背筋がゾクッとしたとき

 暦は1月6日に小寒を迎え、いよいよ寒さが増してきます。年賀状を出しそびれたり、お返事が遅れてしまった場合には、このころから寒中見舞いの便りがはじまります。
 冷えは身体にはよくありません。足からも冷えがやってきますし、上からも冷えは侵入してきます。
 上からやってきた冷えで、背中がゾクッとするようなものがあります。これは、背骨から冷えが入ってきたものです。これは風邪の初期によくあることですので、この兆候があったときは、ぜひとも次のようなことをしてください。
 それは、大椎(だいつい)というツボを温めることです。この大椎というツボは、首を曲げたときに、首と身体のつけに出っ張たところにあります。このツボは気会(きえ)という分類がされるのですが、身体の気を調整するツボといわれています。背筋がゾクッとしたときには、この大椎に貼る使い捨てカイロをつけてください。まだ風邪が初期の段階で、背中がゾクッとするようなだけであれば、このような対処でも十分治ることが多いのでやってみてください。
 尚、直接カイロを貼りますとやけどをする恐れがありますので、シャツの上などから温めてください。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

『俺がJBだ!―ジェームズ・ブラウン自叙伝』

俺がJBだ!―ジェームズ・ブラウン自叙伝 俺がJBだ!―ジェームズ・ブラウン自叙伝
ジェームズ ブラウン、ブルース タッカー 他 (2003/09)
文藝春秋

この本の詳細を見る

 昨年のクリスマス、ソウルの巨星が去っていった。そう、あの“ゲロッパ”ことジェームス・ブラウンが・・・。ジェームス・ブラウンは、“ミスター・ダイナマイト”“プリーズ・プリーズ・プリーズマン”“ゴッド・ファーザー・オブ・ソウル”と数々の異名を持つことで有名です。そして本名であるジェームス・ブラウン、略して「JB」というのもかっこいい。
 いつまでも現役で活躍してくれると信じていただけに、この突然の訃報はとてもショックでした。自分の好きなアーティストのルーツをたどっていく中で、JBの音楽に何度も触れました。そして、映画『ブルース・ブラザース』も最高に楽しい作品です。
 そんなJBがクリスマスに亡くなるというのも、彼自身の演出のようにも思えるほどです。

 ジェームス・ブラウンの自叙伝がこの本です。
 幼少のころから様々な体験をしながらジェームス・ブラウンという人が確立してきたことがよく分かります。そしてそのバックボーンが彼の歌そのものに通じていることも、この本を通じてよく分かります。とてもやんちゃな面がありながらも、かなり考えている部分があったりと、様々なJBをうかがい知ることができます。
 全身全霊をこめて歌い続けたジェームス・ブラウン。彼の波乱に富んだ人生を読み進めていくと、とても自分がちっぽけに感じます。誤解を恐れず言わせていただければ、ちっぽけに感じることで、自分の悩みが小さいものだと思うようになります。そして次には今日は今日で明るく生きてみようよ、という気持ちが芽生えてきます。もちろんその明るく生きる姿勢の裏には、想像もできないような様々な困難や悲しみや怒りがあることも承知の上だからこそ、輝く日々が際立つわけですが。
 激しく歌うJBの歌声を聴きながら、この本を読んでいると、人生を謳歌する喜びが伝わってきます。人生なんでもあり、ケセラセラ、といった声が聞えてきます。JBの歌うゴスペルが聴きたくなってきました・・・。
JB、ありがとうございます。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

車の運転のように

 先日3年ぶりに友達に会いました。その友達は外人の方ですが、この3年間であったお互いの変化を話したりしました。
 そして自分がこの3年間に箱根から出てきて東京で治療院をやっていると話すと、「それはいいこと、グッドラック!」と言ってくれました。

 そして続けて友達はこのような喩え話を・・・。
「自分の車であれば、どんな車であろうとも運転は楽なもの。だって自分の車だから、どうなろうがへっちゃらでしょ?他人の車だったらあちこち気を遣うけど、自分の車ならそんなことはないよね。自分の車に乗れるなんていいじゃないか~!」と話してくれました。

 外人らしい喩えだなと思いましたが、これを人生に置き換えたらどうでしょうか・・・。
 自分の人生をもっと自分の手元に引き寄せ、そして自分の車のように自分で操縦していくことが必要かと思いました。自分の人生という車のハンドルは、自分自身が握っています。そのことをつい忘れそうになってしまうときがありますが、自分の進む道は自分が握っており、今の自分は自分が運転してきた結果であるのでは・・・。自分が乗っている車も、到着したその場所も・・・。
 そうすると、もうこの現実から逃げることはできないと思いました。



東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

Q.風邪をひきやすいのはよくなりますか?

A.よくなります。

 今年は暖冬傾向ではありますが、やはりこの時期寒さが増してきます。風邪をひかれている方も多いのではないでしょうか?
 東洋医学の優れた面として、予防があります。とくに最近では鍼灸治療を受けていると免疫力が高まることが分かってきました。免疫力が高まるということは、風邪など外から来る病にも強いということです。このようなことからも、東洋医学が風邪予防にも効果があることが分かってきました。実際に治療を受け続けておられる方に聞いてみましても、風邪をひきにくくなったり、風邪をひいても治りが早くなったりと、効果が着実に出ているようです。
 風邪の予防はもちろん、風邪のひき初めや、風邪になったかなというときにも効果が出ます。この季節、ぞくぞくっと寒さを感じられたらぜひとも風邪の予防、風邪の初期の治療に来院してください。
また、定期的に治療を受けておりますと、体質が改善されて風邪をひきにくくなりますので、定期的な治療もお勧めいたします。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

2007年仕事始め

osyougatu07.jpg

 本日当院の2007年が始まりました。
 玄関で出迎えてくれるのは、この二匹の親子の亥です。愛嬌のある二匹がかわいいです。
 楽しく愛嬌を持って、亥のようにまっすぐ前を進む一年でありたいと思うのでした・・・。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

初月の出

enoshimamoon.jpg

 本日、元旦は江ノ島神社へ行ってまいりました。
 江ノ島神社にお祭りされている弁才天様は、技芸の上達のためにお力をいただける神様とも言われています。

 江戸元禄時代に杉山和一(すぎやまわいち)という鍼灸医がおります。杉山先生は幼少のころ中途で視力を失ったのですが、中途であったために感覚がすぐには身につかずに、鍼灸術の習得にはかなりの骨を折ったそうです。一時は師匠にも見放されてしまうほどになり、一念発起をして、技芸上達に通じるとされる弁財天をお祭りする江ノ島神社へ向かいました。そしてこの江ノ島神社でお参りをしたときに、階段で転んでしまったそうです。そして転んで立ち上がろうとして手を伸ばした先に、松の葉が入った木の筒を掴み、それを手にしたときに、現在主流となっている管で鍼をする管鍼術というものがひらめいたといわれています。このお話は鍼灸学校の先生に授業で聞いたものですが、最近読んだ物によりますと、杉山先生は江ノ島の岩屋にこもってこの管鍼を授かったともありました。いずれにせよ、杉山先生は江ノ島神社での参拝を機会にこの管鍼を創始し、鍼の名人として有名となり、五代将軍・徳川綱吉の「扶持検校(ぶちけんぎょう)」として綱吉の治療にあたったといわれいます。そして杉山先生は、杉山流鍼治稽古所というものを建て、視覚障害者に鍼や按摩を指導しており、世界的に見ても当時としては画期的な視覚障害者教育をしており、その流れが現在にも伝わったおかげで、視覚障害者への鍼灸教育が拓かれました。このため、杉山先生の威光は現在も衰えることがありません。

 私も鍼灸師に成り立てのころ、この江ノ島神社にお参りをさせていただきました。今回はそれ以来何年かぶりのお参りとなりました。あのころの気持ちと、今の気持ちはまたどこか違うものがあります。
 少しお正月ということもあり参拝者はとても多く、参道も賑わっておりました。その中を、順番を待ちながら一歩一歩歩を進めていきました。
 最初の社殿である辺津宮(へつみや)をお参りし、順番に中津宮(なかつみや)、奥津宮(おくつみや)へと向かいました。そしてさらに足を伸ばし、岩屋まで行きました。
 陽が落ちて辺りが暗くなりかけたころ、岩屋の上にはお月様が。
 岩屋、お月様、そして海。
 この三つの自然の力を受けながら、法螺貝を吹き、また今年も鍼灸術の向上を誓いました。そして患者様の苦痛が早く癒えること、そして一人でも多くの方を救えることを願い、しばらく打ち寄せる波を眺めておりました。

 

東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

『DAZZLING SOUNDS』 真心ブラザース

DAZZLING SOUNDSDAZZLING SOUNDS
(2007/11/21)
真心ブラザーズ

このCDの詳細を見る

 真心ブラザースの新譜を聴きました。
 私は真心のファンでありますが、贔屓目に見ましても、まず正直な感想としては、“真心よ、どこへ行く!”という感じでした。前作『FINE』から一年ちょっと経っています。『FINE』が出る前は、しばらく真心は解散状態にあり、それぞれソロで活動をしていました。おそらく解散状態であった頃は、真心でやることの意味が見出せなくなっていた時期だったと思うのですが、前作、今作はまだその余韻を引きずっているかのごとく、“真心としての”活動が見えてきていないような感じがしました。真心解散状態時のYO-KINGソロがあまりにも秀逸でしたので、やはり私はそれと比較してしまいます。
 “真心でやる意味”とは、倉持陽一と桜井秀俊の合体による醸造だと思います。不思議なことに、桜井秀俊が作る曲を倉持陽一が歌うとヒットする、あるいは、いい感じに仕上がる、という方程式が真心にはあります。これは、倉持陽一に歌を作る才能がないというのではなく(むしろ有り余るほどの才能です)、まさに倉持陽一と桜井秀俊の醸造によって醸し出される馥郁たる“味”なのです。これは昔で言えば、マッカートニー&レノンのようなものかもしれません。おそらくファンはもちろん、当の真心自身がそれを知っているのだと思います。それゆえ、今回は倉持&桜井の共作が多く見受けられます。しかし、同時にそれらの共作が、まだ醸造段階に入ってないようにも思われるのです。今回シングルカットされた『ALL I WANT YOU SAY TO YOU IS I LOVE YOU』はさすがに大吟醸的な味わいで、うまく醸造されていますが、まだまだ他のものがついてきてないような気がします。以前の真心のアルバムに比べると、醸造度がまだ低いのです。しかし、全体としては、前作の『FINE』よりも一段仕込が進んでいるように思うので、これからが楽しみではないかと思います。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング