FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

校正医書局

 中国の医学史を見直してみて思ったことは、我々が臨床に使っている古医書が伝わってきた歴史は、奇跡に近いものということだ。今でこそ医学は一生過ごす上で大切なものとして扱われているが、中国では医学よりも儒教の本や仏典のほうが大切に扱われ、そういったものは各王朝の保護もあって、国家事業として受け継ぐための準備がなされていた。そしてその文章の校訂作業も初期の段階からかなり精緻に行われていた。それに比べて医学書は数段格が落ちたという。
 そんな医学書であるが、紆余曲折、散逸を繰り返しながらなんとかその命脈を保ってきた。そして、宋の時代に入ってようやく国家事業として大規模なこうていさぎょうが行われた。校正医書局というところでかなりの本が修復された。この校訂作業がなかったら・・・。きっと我々が手にする古医書はごく限られたものになり、医学として使われるには用を成さなかったかもしれない。それを思うと、この宋代の校訂作業は人類に大きな遺産を遺してくれた偉大な作業であった。





東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト

夜桜

 鍼灸の師匠が主催する研究会の一年のスケジュールが終了した。その慰労をかねて師匠の治療院で懇親会が催された。所狭しとみなで準備をして、お互いの一年を讃え合ったり反省し合ったり。
 懇親会が進むと、師匠が突然「今日は夜桜を観に行くぞ!」と言い出した。多少お酒も入っていて上機嫌だったのだろう。近所に咲く自慢の桜をみんなに見せたくてしょうがないといった感じであった。また何か始まったなと思いながらも、数人の弟子達は先生のお供をすることになった。
 桜の咲く下で、師匠は歌を歌い始めた。われわれはそれに合わせて手拍子をする。私は手拍子をするにはするが、あまり気合が入った手拍子ではない。それは、あまりに夜桜がきれいだったので、上を見上げて見とれていたからである・・・。




東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

お花見

 患者様との会話の中で、最近はお花見や桜の話題が上がることが多い。六義園のしだれ桜、千鳥が淵の桜などなど。昨年の今頃は開業したてで気持ち的にも余裕がなく、この季節は桜を見ないまま終わってしまったように覚えている。今年は夜桜でも楽しんでみたいと思っている。

 お花見を理由にお酒を飲む機会も増えているようで、夜桜を楽しみながら一杯、という方も多いでしょう。そして、一杯が二杯、二杯が三杯とどんどん酒量が増えていくのもこの季節の特徴ではないでしょうか。
 表参道・青山・源保堂鍼灸院の治療は、もちろん二日酔いのようなものにも効果があります。朝方駆け込んでいらっしゃる患者様もおりますが、なにぶん呑みすぎないよう、ほどほどによろしくお願いいたします




東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

ブナ

 昨年10月の連休を利用して長野の戸隠に足を運んだ。研究会でお世話になっている戸隠愛好家の方に案内してもらった。戸隠は修験道とも関係の深いところで、戸隠神社をはじめ多くの伝説がある山深きところである。そして戸隠そばは全国的にも有名である。ちょうどブログをはじめたのが10月の19日で、戸隠に行った後だったので、このブログにこのことを書くのは初めてだと思う・・・・。
 そんな戸隠に行ったときに、越水ロッヂというところに案内された。この越水ロッヂでは、ブナの植林を一般の人に向けて提供している。一鉢500円で小さなブナを購入し、ロッヂが管理しているところに植えていく。結婚記念日、旅の思い出、鎮魂のために、山の育成のために、と様々なことを思い思いしながらみなブナを植えていくという。
 私もブナの植林をしようと思った。しかしその前に、その小さなブナを治療院に置いておきたいと思った。しばらく自分の手元で育ててみて、その成長を季節を通して観察した後、この山に戻そう・・・、そういう気持ちでブナを持ち帰った。葉っぱのついた枝を3つほどつけ、素直に真っ直ぐ上に伸びるブナを選んだ。治療院に戻って近所のお花屋さんで土と鉢を分けてもらい、日の当たる場所を選んで置いていた。するとブナは空気が合わなかったのか、ほんの3日ほどでつけていた枝を全て落としてしまったのだ。枝を落としてしまったブナは、ただの真っ直ぐの棒を突き刺しただけのような哀れな姿になってしまった。しかし、ブナの先端だけは生き生きとしたつやのある緑を見せていた。この緑がブナの生命を象徴しているかのように・・・。その緑が色をついている限り、必ず春には大きな変化を見せるだろうと、その緑だけを頼りに水を与え続けてきた。
 そして仕事を終えて空気の入れ替えをしようと窓を開けて、ブナのほうに目をやってみる・・・。すると、あの先端にある緑の部分が、明るい緑色に変化しており、それまでかたくなにつぼんでいたものが緩んだかのように芽を開いていた。ブナの緑色は、春の訪れを改めて告げてくれ、そして、希望を与えてくれたのだった。





東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

融合・統合医療

 東洋医学と西洋医学を融合したり、統合しようとする試みが医療機関を始めとして多くのところでなされている。しかし現状を見ると、あまりその成果は上がっていないようである。
 漢方薬はエキス剤が普及するようになってから病院でも処方されることが多くなってきたが、症状や病名に対して処方されることが多く、そこには東洋医学の診断方法や臓腑学と言うものは見当たらない。鍼灸においても、整形外科などで利用されることが多くなってきたが、症状のあるところに鍼をするのが主流であり、そこでも東洋医学のかけらも入っていないことが多い。「統合」「融合」といいながら、その現状はこのように、東洋医学の方法論は使用されることはない。そして「東洋医学は時間をかけて良くするやさしい医療」と、ウケのいい言葉を並べて誤魔化され、単なる宣伝文句として利用されているようにしか思われない場合も多い。
 私が思うに、西洋医学と東洋医学では文化の背景や発展の仕方が異なるのだから、その理解の仕方が異なるのは当然で、その使用方法も異なるのもまた当然だと思う。そのあたりを無視して無理やりくっつけようとしてもなかなかくっつくものではない。例えば東洋医学にあって西洋医学にない概念として、「気」や「津液(水)」が挙げられる。この概念は東洋医学にしかないのものなので、西洋医学の側はこの部分はそのまま理解してもらう必要がある。しかし「気」があるかないかという問題を議論が先に立って理解は先に進まず、形だけを合わせようとすることになってしまう。東洋医学は「気」という概念を利用して治療体系が成り立っている以上、「気」というものをそのまま操作概念として理解してもらわないと、東洋医学を理解することは困難となる。
 お互いの齟齬を無理やり縫合するような統合のしかたではなく、お互いの長所を伸ばしながら、足りないところを補い合うような、「補完医療」ならうまくいくのではないだろうかと思う。東洋医学も苦手な分野もあるし、治りが悪いもの、治らないものもたくさんある。しかし、そのような限界があるからこそ、東洋医学が得意とする分野においては、無限の広がりがあるのではないのだろうか。




東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

法螺貝

 Esquire(エスクァイア)5月号を購入した。青山通りの特集だったので、治療院の待合室に置いて患者さんにみてもらおうかと思ってのこと。骨董通りから外苑前、青山一丁目、そして表参道ヒルズまでを含めて幅広く青山通りが特集されている。

 その中で私の目に留まったのは鎌田東二氏と言う方が書いた「青山、聖なる場所へ。」というもの。この方は神道など日本のスピリチュアリズムの根底にあるものを探求している方のようで、この記事では、青山周辺にある神社や寺院などを訪ね歩いている。意外と思われるかもしれないが、この青山・表参道周辺を歩いていると神社や寺院がけっこうある。そもそも表参道とは明治神宮にお参りするための参道であるのだから、“意外”ではないのかもしれない。
 記事によると青山霊園のある板倉台地からは縄文前期の土器が出土しているそうである。もちろん当時はブランド街なんてなかっただろうが、もしかしたら“青山”産の縄文土器はどこかオシャレなものだった・・・と想像したら面白い。
 この記事を読むと、鎌田東二氏は、訪れた青山各地の神社・寺院で法螺貝を奉奏していることが分かる。そこには表参道の並木道の入り口にある秋葉神社の社の前で法螺貝を奉奏したことが書かれている。「表参道交差点に法螺貝の音が鳴り響くが、都市の喧騒の中で誰もそれを訝しがる者はいない」と記している。
 実は私も大晦日の夜中にここで法螺貝を吹かせていただいた。夜中ではあったが、すでに明治神宮へ参拝する人もちらほら歩いていた。そしてこの交差点近くには警察もあるので、法螺貝を吹くことはためらわれたので、鎌田氏のように思いっきり吹くことは出来なかった。法螺貝は手加減して吹いてはいい音が出ないので、少々不完全燃焼だった。箱根の実家にいるときは憚らずに法螺貝を吹けたが、この都会のど真ん中ではなかなかそうもいかない。

 先日近くで大雄山・最乗寺の末寺である四恩寺というお寺を見かけた。すっかりモダンで大きなビルで、見た目はオフィスビル。本当にここがお寺なのかといぶかしがりながらエレベーターに乗って上に登ると、その屋上には社が立っていた。残念ながらこの日お寺の方は留守だったのでお話をうかがえなかったので、普通にお参りをして帰ってきたが、屋上からの景色はとても開放感があり、見晴らしがよく、しばし立ち止まって景色を見ていた。そしてここだったら法螺貝を吹けそうだな・・・と思ったりしたのだった。
 


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

あなたは白?or黒?

yatuhasi.jpg

 今日も愛Chariシンゴと仲良しのほしクルです。
 今日は東京はとっても暖かくていいお天気です
 白or黒についてお話しします。
 先日の阿闇梨餅につづいて、京土産についてです。
 白八つ橋、黒八つ橋をご存知ですか?これは八つ橋の中のNew Faceで、今ではかなり人気らしいですね。白ゴマ味と黒ゴマ味の八つ橋なのです。早速今日の“おやつ”で頂きました。
 そこで先生と私とできっぱり意見が分かれたのです。先生は絶対白派、私は黒派
 お店の方・・・・やはり両方作って正解ですネ(笑)
 八つ橋って今までもいろんなバージョンが発売されましたよねぇ?ゴマは私的には初めてレギュラー君を上回るtasteだと思います。
 みなさん白?or黒?さぁておためしあれ




東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

愛Chariシンゴ

 こんにちは。今日は表参道・青山・源保堂鍼灸院の愛車クン、祝命名のオハナシをしたいと思います・・・。
 先日愛Chariクンがやって来たオハナシをしたと思いますが、名前はまだ決まっておらず、いくつかの候補を挙げていました。決まるまで“シンゴ”と呼んでいたのですが(笑)、今日あまりにも定着したその名前で決定ということになり、祝命名、というわけです・・・。というわけで“シンゴ”をこらからもよろしくお願いいたします。
 少し暖かくなってきたので、ほしクルはお昼休みの“シンゴ”との青山散策を楽しんでいます。ただ毎日が“シンゴ日和”と、いうわけにはいかない日々(マダマダサムイ日も多いです)です。
 暖かく晴れた日が待ち遠しいです




東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

阿闇梨餅

ajyari.jpg


 今日もほしクルです。
 先日先生は四国出張の際、途中京都に立ち寄られたようで、お土産を買ってきてくださいました。
 京都の定番・・・といえば数々のものが浮かびますよネ。今日はNew Faceを紹介します。
 「阿闇梨餅(あじゃりもち)」・・・・ご存知ですか
 私は初めて目にしました。
 それがすごーーーく美味しい 先生も私も思わずでした。
 もともと先生もお知り合いの方に薦めて頂いたらしいのですが。なんとも新食感 もち米を原料とした薄いもちっとしたおまんじゅうを生地に、中には甘さを抑えた粒あんが入っています。すごく不思議な感じです。食感は不思議なのに、見た目はおまんじゅう。フランスのパン、ポンケージョに似ています・・・
 これぞ京都の新定番に決定です。ハマっちゃうおいしさ。興味のある方はぜひ一度お試しあれぇ
 以上、くいしんぼう~ほしクル~でした。




東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

さくら

 こんにちはぁほしクルです。
 各地で桜の開花宣言がちらほら聞こえてきましたネ。
 なんとここ神宮前でも“さくら”が咲きました表参道・青山・源保堂鍼灸院近所のお宅のお庭で二本のさくらがすでに満開なのです毎朝嬉しく拝見させていただいてまぁす。一本降りればそこは人人人であふれている表参道。少し登ればこんな素敵な春に出会えます
 今日患者さんとお花見のお話になりました。その方は3パターンの楽しみ方をするそうです。ふらっと仕事帰りに通りがかるさくらの季節の寄り道お花見、それから友人と見る夜桜。そしてそして休日の晴れた日にお弁当を持って出かける本格お花見。どれも素敵ですね
 みなさんお花見の計画は立てましたか
 私、ほしクルは毎朝小さな一人お花見気分で大満足・・・しています。ちなみに先生の郷里・箱根のお花見と言えば、お気に入りの山桜を探しておいて、開花の頃に観に行くのが箱根のお花見Style(先生の個人的なStyleかな?)だそうです。
 いろんな土地土地でのお花見Styleがあるのでしょうね
 ほしクルでした




東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ

ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキングにほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ




テーマ:日記
ジャンル:日記

伏見稲荷

 四国での出張を終えて東京へ帰る途中、京都へ立ち寄った。立ち寄った場所は京都の伏見稲荷大社である。京都には何度も足を運んでいるが、この伏見稲荷大社をお参りするのは今回が始めてであった。人づてに話は聞いていたが、予想以上に大きく、鳥居の数も半端ではなかった。鳥居の数は約一万ほどあるそうだ・・・。

 まずは正面の本殿にご挨拶をして、社務所を眺めながら奥社のほうへと足を運ぶ。千本鳥居と呼ばれる道を通っていくのだが、朱塗りの鳥居がドミノ倒しのように敷き詰められている。この鳥居のトンネルを抜けて奥社へは5分もかからなかったように思う。奥社まで来てみるとさらに上に向かう鳥居の列が伸びている。私は何も考えずにその道を歩き始めた。本殿から奥社までは大してかからなかったし、同じようにここもそんなに長くはないだろうと思い、また、せっかく来たんだから全部回らないとなあという気楽な感じで登り始めた・・・。しかし、この道は意外に長かった。小高い山をぐるりと回るように道はつながっているのだが、全部を巡ると1時間くらいはかかるものだった。そしていくつか別れる道もあったり、同じように見えるところも多く、なんだか迷子になりそうな気分だった。ところどころ大小さまざまな講(その神社を信奉する会のこと)が祀った社が鎮座する。鳥居の数も相当のものだが、この大小さまざまある社はいったいどれくらいあるのだろうか・・・。自分が所属する、あるいは自分が願をかける社を目指し、多くの人がこの山を汗をかきながら登ってきた歴史があるのだろう。
 あるところでは、今日行われたWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の決勝で日本が勝つようにと、極太のろうそくが奉納され、めらめらと炎が灯されていた。

 予想以上の運動をし、下まで降りてきた。お昼を食べていなかったのでお腹が空いていた。参道にある茶屋で軽く食事をすることにした。山を登る途中、日が暮れてしまうのではないかと心配しながら歩いていたので、ほっと一息、お茶をぐいっと一気にいただいた。稲荷丼という油揚げを味付けしたどんぶりを食べて空腹を満たした。
 帰りの新幹線では、出張の疲れとこの参拝の疲れがどっと出たようで、ぐっすりと眠りについたのだった。




東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

星空といえば

 昨日は星空を見ていろいろと思いをはせました。
 夜空といえば、皆様はどんな曲を思い出しますか?
 千昌夫の『星影のワルツ』でしょうか?鍼灸の研究会では新年会や夏季研修の懇親会で歌を歌う事も、歌を聴くこともあります。年配の先生方が歌う懐メロで改めて歌詞を確認した曲もいくつかあります。『星影のワルツ』もそのうちの一つですが、メロディも歌詞もいい曲だなあと思う曲です。

 しかし夜空を見て私が思い出すのは、ヨーキングの『遠い星と近くの君』です。デフロスタ・ロックというアルバムに入っているのですが、名曲です。とてもしあわせになれる曲です。

 ぼくは遠い星と 近くの君を見る
 いつか忘れかけていた暖かさを感じる
    -『遠い星と近くの君』YO-KINGより-


 今日も四国の夜空を楽しもうと思っています。
 皆様も夜空を見上げてみてください。星空がきっと何かを語りかけてくるでしょう。



東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

星空

 今日の朝四国へ到着。バスを降りると、四国の風はひんやりとしていた。もう少し暖かくなっていると思ったが、四国もまだ寒さが残っているようだった。
 
 朝から往診し、仕事をして、あっという間に一日が終わる。

 夕ご飯をいただき外へ出ると、満天の星空が広がっていた。東京では星があまり見れない。星が見えないことに慣れてしまい、夜空を見上げる事もなくなっていた自分に気づいた。

 北斗七星やカシオペアが夜空を巡っている。その昔、弘法大師は四国・高知の海岸近くの洞窟で行をしているときに、星が自分の中に入ってきたのを感得し、広がる海を見て、空海と自らを号したという。それからここ四国には八十八カ寺が定められ、お遍路さんという巡礼の旅が始まった。空海のような名のある僧も、そして多くの無名の巡礼者もまた、この夜空の星を見上げては、己の業の深さを感じたり、自然の偉大さを感じたり、さまざまな思いをもちながらお遍路の道を歩き続けているのだろう。

 私もかつて大学時代にお遍路をオートバイで回ったことがある。正確に言えば、最初の年は歩いて途中まで回ったのだが、台風の到来と夏休みの終わりとともに断念した。そして翌年オートバイの免許を取って再度挑戦し、満願を果たした。
 バイクや車で回るのを邪道というむきもあるが、それでも「同行二人」の言葉は活きている。同行二人とは、お遍路の巡礼をしている人には常に空海がそばについており、一緒に行をしているという言葉である。時代は移り、歩き出回る人だけでなく、私のようにバイクで回る人もいるし、団体でマイクロバスで回る人など、それぞれのスタイルでお遍路さんは行われている。しかし、どんなスタイルであっても、この「同行二人」は常に活きている。私自身も、このお遍路さんを通してさまざまな場面に出くわし、その度に学ぶ事が多かった。最初の年に歩きで回る事を自然の力で遮られたり、道に迷って一山分歩いたり、バイクを止めておいたら倒されてクラッチレバーが折れたり、それが直ったと思ったら再び倒されてキャブレターが壊れたり、そしてそれらを修理してくれた人々との出会いなど・・・。またあるお寺で御朱印を書いていただいているときに、そこのご住職であろうお方がお寺の土地の売却話を進めて視線をちっとも合わせてくれなかったり、その一方で若いのにようやっとると励ましてくれた方がいたり・・・。お遍路の旅は人生の縮図と称されるが、まさにそんな感じでいろいろな場面を見せていただいた。
 満願をし、そのお礼参りに高野山の空海の廟に行った。二年越しでようやく終わった巡礼もこれで一区切りが付いたとほっとした気持ちで空海の廟の前に立った。そして般若心経を唱えた。予期せぬ感情がこみ上げてきた。その感情は何がなんだかわからないものだったが、とめどなく次から次へと涙があふれてきたのだった・・・。




東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

四国へ

 今日は仕事の後四国へ出張。
 今回は神戸までの夜行バス。神戸に新空港が出来てから、けっこうバスも混んでいると先日連絡をもらった。いつも行き当たりばったりで出張に出るので、これは困ったと思った。困ったと思いつつそのままにしておいた。
 出張に行く前にホームーページに連載しているコラムを更新しようと思ったが、なかなか時間がとれずに出張のときを迎えた。というものの、時間がないなりにホームページの掲示板を新しくしたり、その関連で、素材やCGIをお借りしたホームページをリンク集に加えたり、いろいろと手を加えていた。。そして研究会の発表の資料も作成したりもしていたので、こまごま動いているうちにあっという間に終わった一週間だった。
 休む間もなく四国へ出張。先日購入した古医書を携えて、いざ出張へ。



東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

バカとロック

 研究会の同期に、敬愛する仲間がいる。年は私の三つ上で、臨床歴は私よりも5年多い。とても気さくなよき兄貴的存在である。

 そんな彼が私によく言うのが、

「おまえほんとバカだなー」
 というものと、
「おまえはロックだよ!」
 というもの。

 「バカ」と言われると、しっくりと腑に落ちるのである。それは、この一言が、まだまだ自分が学ぶところがあるからそういわれるのであって、そういうところを気づかせてくれる言葉だと思うからだ。もちろんルソーのように誉める教育も大切だと思うし、容易に「バカ」という言葉を口に出してはいけない。しかし、誉められすぎて自ら自己を過大評価してしまい、自分を見失うということもある。我々鍼灸師は得てして一匹狼的な職人気質なところを持ち合わせているので、自分一人のワールドに閉じこもりやすい。自己を実態よりも大きく過大に思い込んでしまうことは、自分の進歩を止めることにもなりかねない。だからこそ、この同期が言ってくる言葉で我に変えるのである。
 そしてもう一つは「ロック」というもの。これを聞くと、まだまだぶっ飛ばせると思うのである。ロックという言葉は、もともと「核」という意味である。物事の本質、物事の根本を表す言葉である。物事を捉えるときに、ぶれない見方をするためには、その本質を鷲掴みにすることが必要である。その鷲掴みにするものが中心から遠くずれればずれるほど、本質を見誤って大局を読み取れない。やはり中心である核をつかまなければならないだろう。そして中心を掴んだとき、きっとその先が見えてきてまた次にいける、ぶっ飛ばしていけるとう気持ちが涌くのかもしれない。そういう意味で、同期が言ってくれるこの「ロック」という言葉にも、自分の原点を確かめる思いがする。
 東洋医学・東洋哲学の勉強は奥が広く、はてしない。自分が頭がいいと思ってすでに知っていると思ったら負けてしまう。そして本質を捉えることなく表面だけをなぞっていては、その核はするりと逃げて掴み損ねてしまう。
 だから私はこれからも「バカとロック」でいたいと思う。




東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

春の嵐

 夕方からあたりが暗くなり、雨脚が速くなった。
 昨日はとてもきれいな満月が見れた夜空であったが、今日は一転春の嵐になった。季節の変わり目にはよくあることだ。路上の自転車も風でなぎ倒されていた。春を呼ぶ嵐、大きな事故にならないように・・・。




東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

幻想号

 昨日自転車を購入したが、思い起こせば14、15年ぶりの自転車である。大学時代東京に出てきたばかりの頃購入したもの以来である。その頃は近所への足というのではなく、当時住んでいた下北沢のアパートから渋谷のバイト先(こどもの城)へ行くためだった。下北沢から渋谷までは、井の頭線で行けば急行で10分くらいでいける距離である。しかし、自転車で行くとなると、けっこうな距離があったように思う。バイト先の上司が桜新町から自転車で通っているというのを聞いて、自分も負けじと自転車通いを考えたのがきっかけであった。
 そのときの自転車の名前が『時速108キロで走る幻想号』とうものだった。当時は寺山修司の本にはまっていたので、「幻想」という名前を付けたのだと思う。この自転車は現実であり、しかし幻想でもある。自分という定まらない存在を遠くへ運ぶ幻想自転車、などと分かったような分からないようなことを思いながら。そしてそれをしっかりと示そうと、金色のペイントマーカーでその文字を後ろのタイヤのカバーに刻んでおいた。
 その名前にセンスがあるかどうかは別として、「幻想号」は快適だった。街の風景も心地よく目に入り、ときどき途中下車しては犬の写真を撮ったり、古道具屋さんを覗いてみたり、はたまたギターを背負って走ったりした。
 そんな幻想号はある日突然本当の幻想になってしまった・・・。
 そう、バイト先の自転車置き場へ行くと、そこには自転車がなかったのだ。幻想号は、幻想の中へ消えていったのだ・・・。




東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

自転車

jitensya.jpg



 今日は念願の自転車を購入してきた。
 いろいろとこまごまとした買い物をするときに、小回りの利く自転車が欲しいと思っていた。春、暖かくなったら、と思い、今日その日を迎えた。
 購入後自転車に付ける名前を考えてみた・・・・

「しんご」

「マイク・ネスミス」

「いくぼし」

「花子」

etc...

いろいろ考えてみたがいいのが思い浮かばない・・・。
名前はまた今度にして、とりあえず自転車に乗る練習をしなくてはいけない。何せ10年以上ぶりの自転車だから。

春の風を感じよう、高田渡の名曲『自転車に乗って』を歌いながら・・・。




東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

いよいよ

 昨日の研究会では、同期の先生の発表が終了した。同期の先生は運気論を発表していたが、最後はホワイトボードに図を書いてうまくわかりやすくまとまっていた。
 いよいよ来月から自分の番が回ってくる。すでに年表を完成させ、中国医家の一覧表ももうすぐ出来上がる。後は中身をつめていく必要があるが、とりあえず量はカバーできたような感じだ。膨大な中国史とその中で生きた中国医家の歴史を生き生きと伝えたいのだが、どうなることだろう・・・。時間配分をよくよく考えて、聞いているほうも楽しめるような発表にしたいと思う。




東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

ハチ公前の夢の中

 昨日友達と渋谷で食事をした。
 その帰り渋谷の駅前を観察した。
 時間は10時を過ぎていた。卒業式、終業式シーズンなのか、いつもよりも渋谷は混んでいた。
 
 友達と話をしながらスクランブル交差点を渡り渋谷駅へ。そしてハチ公前の路上ミュージシャンを観ようと立ち止まった。渋谷駅周辺ではいくつか路上で歌を歌っている場所があるが、ハチ公前はそのメインといってもいい。そのメインの場所ではラップもあったが、ちょっと見て行こうかと立ち止まったところは、いくつかのグループや個人が入れ替わりで出るところだった。
 ちょうど一組終わり、次に一人の若い小柄な男の子が出るところだった。腰が低く、気さくな感じであった。男の子は濃い紫のニット帽をかぶり、だぶだぶの迷彩ズボンをはいていた。ギターはおそらくバイトでお金をためて買ったのだろうか、ギブソンのJ45だった。
 彼はどうやら路上はあまり経験がないようで、けっこう緊張しているのが伝わってきた。しかしその割りにアンプから出てくる音が気に入らないらしく、いろいろと係りの人に注文をつけて、なかなか歌が始まらない。少しイントロを弾いたかなぁと思ったら、「ちょっと待っててください。」などいいながら、2,30分は待たされたような感じだった。
 もうそろそろ帰ろうか、と思っていたところ、おもむろに彼のMCが始まり、続いて歌が始まった。意外にも演歌調な歌詞であった。歌の内容はともかく、気持ちよく歌っている彼の表情がよかった。
 そして一曲歌い上げ、「さっきここへ来たときに作った新曲です。『桜の季節』です・・・。」と次の曲へ・・・。最初の歌に比べてスローテンポな曲だった。
 しかし、ここでとんでもない事がおきた。
 彼の二曲目が始まって、そろそろさびに向かっているときに、目の前を大きな警察官二人が立ちはだかり、彼を囲ったのだった。彼は状況が把握できず歌い続けたが、警察官の「今すぐ辞めてください!」という強硬な声で一瞬にして歌は終わった。あっけなく、そしてさびに入ろうかと言うタイミングで歌は終わったのだった・・。
 我々含めて観ていた者たちもあっけにとられた。そして何より当事者である彼自身が一番何が起きたのか分からなかったろう。彼は自慢のギブソンのギターを置き、交番に連行されていった・・・。
 彼がいなくなり、残されたミュージシャン達は仕方なく撤収を始める。なんだかよく分からないうちにハチ公前の‘舞台’は幕を下ろした。
 目の前で起きたことは現実なのか、夢なのか?
 この場面を共有した我々とその他の人は、同じ夢を見ていた仲間なのか?この渋谷という街そのものが‘夢の舞台’なのか?彼にとって私は彼の舞台装置であり、彼は私の舞台装置であり、主体と客体が入り乱れ錯綜する。
 渋谷の街は、全ての人の夢を飲み込んでいく。 
 
 私も我にかえり周りを見渡す・・・。そこには待ち合わせる人、普通のOL、家路を急ぐサラリーマン、合コン帰りの学生、風変わりな人、ナンパする人、外国人・・・とにかく様々な人がいる。渋谷のスクランブル交差点は、交差する人々と出会いながら、避けながら自分の目的の場所へと去っていく。たくさんの人々がすれ違うスクランブル交差点が、そんな人生の交差点に見えてきた。

 ほどなくして交番に連行された男の子が‘舞台’に戻ってきた。彼はだぶだぶの迷彩色のズボンに手を突っ込んで、ばつが悪そうな、夢から醒めたような居心地の悪さでとぼとぼと帰ってきた。そんな彼の後姿がなんだか切ない・・・。彼の自慢のギブソンJ45は、次はどこで音を鳴らしてくれるのか・・・。彼もまたこの交差点を渡る一人なのである。
 私のギブソン・ハミングバードは、今は箱根の実家に眠っている。鍼灸師をはじめて、ギターは弾かなくなった。脈診や触診の微妙な感覚を維持するために、ギターのような弦楽器は指の皮を厚くさせるので弾くことはできない。別に後悔も寂しいとも思っていない。ただ、ときどきこの交差点を渡るとき、ハミングバードを外に出してあげなくちゃな、と思うだけである・・・。




東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

チューリップ

   


表参道・青山・源保堂鍼灸院の玄関には、花台を置いています。最初の患者様を迎えるところとして、最近は季節の置物を置くようにしています。
 1月は戌、2月は節分、3月はお雛さま。
 先週ひな祭りを終え雛人形を片付けた。次は何にしようと思っていたのだが、あまりピンとこない。まだ五月のお節句は早いし・・・と思いながら、またお花でも飾ろうかなと思っていた。そんな感じで街を歩いているたところ、お花屋さんでチューリップを見つけた。ピンクのきれいなチューリップが春を感じさせる。幼稚園で一番初めに覚える曲の一つであるチューリップ。なのでチューリップといってもあまり珍しくないような印象があった。しかしお花屋さんでこうして改めてみてみると、きれいなお花だなあと思った。明るい気持ちにさせてくれる。
 青山通りのお店で、まだつぼみの状態だったものを購入。日に日に色が濃くなり、花も開いています。
 ぜひとも当院の玄関先で、春の訪れを感じてください。
 ちなみにチューリップの花言葉は、
 「永遠の愛情・愛の告白・思いやり・正直・・・」ということです。




東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

今日のおやつ

          wagasi.jpg


 みなさん、こんにちは
 表参道・青山・源保堂鍼灸院、新受付の「ホシくる」です。
 すっかり春めいてSpring modeが高まってきましたね
 今日は先生の郷里・箱根のご実家の和菓子屋さん『花詩』さんから春のお菓子が届きました。見た目にも美しい上生菓子の中から私は富士山と桜の花がついたお菓子を選び、今日の“おやつ”にしました。「わぁい
 また一つ小さな春を感じて春ルンがさらに高まったおやつの時間でした。こんな風に小さなこと一つ一つで春を感じていく・・・・なんかちょっとうれしいですよね




東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

いかなごのくぎ煮

ikanago.jpg


 今日の午後、いかなごのくぎ煮が届いた。いつもこの時期になると送ってくれる方がいる。いかなごという魚で作った佃煮で、関西方面ではそれぞれの家庭で手作りされる家庭の味だそうである。いつも送っていただくのは生姜味、山椒味、レモン味です。これを熱々のご飯にかけるとたまらなくおいしいです。
 去年まではゆうパックで送っていただいたのですが、今回はエクスパック500でした。しかも上の写真にあるように、「おいしい春の風物詩 いかなごのくぎ煮」と書かれたシールがちゃんと貼ってあります。聞くところによりますと、関西ではこの時期くぎ煮を送る機会が多いようで、シールとタッパー容器つきのエクスパック500のセットが郵便局に登場するそうです。くぎ煮が名物と聞きましたが、まさかここまで名物になっているとは思いませんでした。離れて暮らす家族にふるさとの味を送る、そういう習慣があるのでしょう。
 今年もこうしてまたくぎ煮を送っていただき、そしてこの特別なエクスパックを見て、また新たな喜びを感じることが出来ました。
 
 さて、この「くぎ煮」ですが、どうしてくぎ煮と言われるかご存知ですか?それは、佃煮の様子が釘のように見えるからだそうです。私はそれを知らず、本当の釘を入れて魚と一緒に煮てるのかと思ったことがありました・・・。
 では、ご飯を炊いていただきます・・・。




東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

ホケキョ

 昨日「啓蟄」と題してブログを書き終えたその直後、外から小鳥の声がした。最初、普通の小鳥の声かと思っていたが、気になったので少しじっとして耳を澄ませていた。

ケキョウ~
キョウーキョウー

ウグイス?
スズメ?

さらに耳を澄ましていると、

ケキョウー
ケキョウ
ホケキョウ

 この最後の一声で、その声の主がウグイスだということが分かった。
まだ歌いはじめたばかりなのか練習中のようで、最初の「ホー」がうまく出来ないらしい。出だしの「ホ」を出すだけでも手間取っているようだった。最初は「ケキョウ」ばかりが続いていたが、聞いているうちに少しは「ホケキョウ」と、「ホ」が出せるようになったみたいだ。しばらくしたら声は聞こえなくなった。
 そして今朝、朝の準備を終えて一息ついたところに、「ホケキョウ」の声が聞こえた。最初の「ホ」がうまく「ホー」と伸びるまで、あとどのくらいだろうか。今日は気温が18度まで上がるという。ウグイスも急ピッチで春の準備を始めているのだろうか。




東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

啓蟄

 一日遅れてしまったが、昨日は暦では「啓蟄(けいちつ)」でした。
 啓蟄は立春になってから暖かくなってきた天気がさらにすすみ、春雷が轟きはじめ、土の中で冬眠していた動物、昆虫などが目を覚まして外に出てきたり、また卵の孵化が始まる時期だといわれています。中国では「啓蟄に雷鳴があるならば穀物の値段は安くなり、啓蟄に雷鳴を耳にすると穀物は泥の如し」と言われているそうだ。これは、啓蟄の間の雷は正常で天候が順調な証拠であるということを示している。
 実家のある箱根に住んでいる頃、この時期になると季節外れのドカ雪や、雹が降ることを何度も経験している。ですので、この啓蟄の意味を知ったとき、「ああこのことかぁ」とひどく合点がいった。雹が降るときは急に空一面に黒い雲が敷き詰められ、まるで夜になったかのように暗くなる。そして稲光の閃光とともに雷がごろごろと鳴る。そしてものすごい勢いで雹が地面や屋根を叩きつけはじめる。何故か知らないが子供のときは傘もささずに外に飛び出し、近所の友達と雹に当たって「いてぇ~」といいあって楽しんでいた記憶がある。他の友達は雹を集めんとバケツを外に出しているのもいた。そんな雷鳴と雹の轟きは30分もしないうちに終わってしまう。そしてさっきまでの暗い空が嘘のように明るい陽射しが差し込んでくるのだった。そしてその陽射しに春の訪れを感じていた。
 昨日東京地方は雷こそなかったものの、風が強く暖かい一日であった。今朝も風がとても強い・・・。




東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

ひかりのあそび

kouen.jpg


公園のベンチで日向ぼっこ。
空気がきれいな春の日差し。
どこからともなく鳥の声。
今日は一週間の始まりだ。

背伸びをして横を見る。
線路のようなながいかげ。

どこまでも、どこまでも。
ひかりのあそびがつながっていく。



東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

秋葉原

 今日は休日なので、少し遠いところにあるお寺に行ってきた。帰りは電車で寝てしまったのだが、うっかりと寝過ごしてしまった。気がついたら秋葉原まで来ていたのだが、これも何かの縁だと思って途中下車した。
 秋葉原に来たのは久しぶりであった・・・。
 そして久々に来た秋葉原はすごいことになっていた・・・。まるで劇場。まるで一つの巨大なフィクションのように夢の中に浮かんで存在している舞台のようだった。JR秋葉原駅降りてすぐにある昔からの実演販売、メイドの服を着た萌え系、アニメソングを冷静な顔で早弾きするバンド系、それらを珍しそうに写真に納める外国人、そして秋葉原を自分の庭のように闊歩するアキバ系・・・。もう秋葉原は電気の街ではない。パフォーマンスの街だ。ある意味無法地帯と言うか、解放区のような感じがした。
 その一方で「測量機器ショップ」「日米通信技術店」など名前と店構えのギャップが激しい渋い専門ショップも未だ現役で存在している。新旧渾然一体と存在する街、東京。この秋葉原もまた東京の一側面を表現している。




東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

曹操孟徳と東洋医学

漢末の三国時代は、魏・呉・蜀で覇権を争った混乱の時代です。魏は曹操、呉は孫権、蜀は劉備。『三国志』では蜀の劉備が主人公で善玉、そして曹操は「治世の能臣」「乱世の奸雄」と評されるように、悪玉として描かれています。しかしその一方で、本当は曹操は清廉な政治家であり、実は曹操が主人公であったという説があるほどで、時代の評価によって裁かれた物語といえなくもないようです。

本日は、その曹操と東洋医学の接点を見てみます。

曹操と関係する医家は三人います。
それは張仲景(ちょうちゅうけい)、王叔和(おうしゅくか)、華佗(かだ)の三人です。
張仲景は中国では「医聖」と呼ばれる人で、現在でも湯液学の原典になっている『傷寒雑病論』という書物を記しています。
次の王叔和は、『脈経』という脈診の総合書を書いた人であり、『脈経』は脉診についてまとめた最初の本ともいえます。
そして華佗は「五禽の術」と呼ばれる健康体操(導引)を創始したとされており、また、数々の秘話を持つ伝説の医家であります。
これら、中国の医学史の中でも名前の通った3人がいずれも曹操と接点を持っている。
曹操は頭痛持ちだったようです。そしてその頭痛は曹操にとっても悩みの種で、その対処にはかなり神経をすり減らしていたようでもあります。権力者に登りつめていく中で、ストレスもたまっていたでしょうし、年を取るごとにどんどん悪くなる一方であったと言います。権力を持ちながら頭痛もちでもある、そういった背景からして、曹操自身がいろいろな治療方法を探し求めていたことは容易に想像がつきます。
『脈経』を書いた王叔和は、魏王国の太医令(一番くらいの高い医者)にまでなっています。
さらに、華佗に関しては、曹操の頭痛を鍼灸で治療し、かなりの効果を上げていた言います。曹操は華佗の腕にほれ込み、華佗を自分の下に置こうとするのですが、庶民の中の医療人として生きる華佗にとって、曹操の申し出はありがたくなく、それに応じません。それに怒った曹操は、華佗を捕まえ、終には死刑にまでしてしまいます・・・。その後曹操の息子が病気になり、治ることなく若くして亡くなります。そのときに曹操は、「私が華佗を死刑にしたことで、息子の命まで奪ってしまった・・・」と嘆き悲しんだといわれています。
このように、『三国志』のもう一人の主人公、曹操にも、このように東洋医学との接点を持っていたのでした。
当時はまだ紙も出版技術もなく、その頃の本は失われています。また、華佗の医療も詳しくは伝わっていません。物語を通して華佗の足跡を知るのみです。


最後に陳寿の曹操評から・・・

「曹操は、才能ある者には、官職を授け、各人の器により才能を開花させ、(中略)遂に、最高権力を握り、大事業を達成したのは、彼の明晰な構成力が、優れていたからである。曹操こそは非常に傑出した人物であり、時代を超越した英傑であるといえる。」

sousou_20110202092342.gif
曹操孟得の肖像



東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ 肩こり・腰痛・頭痛・生理痛など

ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキングにほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ



テーマ:歴史雑学
ジャンル:学問・文化・芸術

甘酒

sakekasu.jpg


 今日は3月3日、ひな祭り。
 表参道・青山・源保堂鍼灸院でも、ささやかながらひな祭りをしました。写真のように、お菓子を用意し、そして甘酒を手作りしました。
 甘酒は手作りといっても簡単です。酒粕をお湯で溶き、好みの甘さまで砂糖を入れるだけです。そしてしばらく温めてとろみが出てきたら完成です。今回使った酒粕は山形の「樽平酒造」のもの。この樽平酒造で作っている「住吉」と言うお酒の酒粕です。研究会の新年会で、くじ引きの景品としてもらってきた物です。
 酒粕は東洋医学の分類では「化したもの」に属し、「土」に所属します。「化したもの」は栄養があり、身体への吸収も早いものです。また酒粕はアミノ酸の塊でもあるので、脳へ直行する栄養源にもなります。同様に味噌も同じはたらきがあるので、朝お味噌汁を飲むことは、仕事を始める際の目覚めに最適となります。私も忙しいときにはインスタントに味噌汁を飲むことがあるのですが、そんなときにこの酒粕を少し入れると、インスタントの味噌汁はコクが出て栄養も補うことが出来ます。
 玄関には雛人形、そして甘酒と雛菓子をいただきながら、今日のひな祭りを祝いました。
 皆様のうちではどのように今日のひな祭りをお祝いしましたか?



東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

初恋の涙

 先日近所のボタニカルズで、患者様に出すものとして「初恋の涙」というハーブティーを購入してきた。このハーブティーに入っているハーブは、レモンフレーバー、レモン、レモンマートル、レモングラス、レモンバーム、レモンバーベナと、レモンずくしです。とてもさわやかで、春らしい味と香りがします。
 
このブレンドの爽やかさからは、名前のような「初恋の涙」は連想できない・・・。

 と思いながらも思い出したのが、PPM(ピーター・ポール&マリー)の名曲『レモン・トゥリー』。この『レモン・トゥリー』は、まさに初恋のあわい気持ちと、その切なさを歌ったもの。もう10年以上前のことですが、大学に入ったばかりの私は中野サンプラザまでPPMのコンサートに行き、この曲を聴いた。ほんとかどうかわからないが、「この曲はいい曲なのですが、とても悲しい曲なので今までコンサートで歌ったことはありません。」と言っていた・・・。

 きっとこのブレンドの名前をつけた人は、この歌が好きなのかもしれない。そしてこのハーブティーのブレンド名を考えるときに、自分の青春を振り返り、あわく切ない気持ちを思い出したのだろう。
 
しかしこのブレンドを飲んでみると、とても爽やかです。
 初恋でたくさんの涙を流したとしても、このブレンドのように、振り返ってみるとどこか爽やかな風が吹いています・・・。




東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ

ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキングにほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ




テーマ:生活の中で
ジャンル:ライフ