ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

LINEスタンプ、承認されました!!

ゆるにゃんずLINEスタンプ発売


9月頃に申請していたLINEスタンプが、正式に受理されました!
この3ヶ月はとても長く感じましたが、無事に発売されてホッとしています。

今回は、あえて文字を無くしました。
というのは、入っている文字によって絵の自由度が損なわれてしまうといけないということ。
自由な発想で絵を選んで欲しいという願いからです。

ということで、よろしければご覧になってくださいませ。

にゃんずLINEスタンプ


この他にも二つ申請中なのですが、そちらはまだ受理されておりません。
あまりにゆるすぎるから、許可するかどうか思案しているのかな・・・。

何はともあれ、まずはよかったです。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ はりきゅう肩こり・腰痛・頭痛・生理痛・眼精疲労・不妊症など

ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へにほんブログ村 健康ブログへ




スポンサーサイト

鍼灸師の憂鬱(1)

 いつだったか、日曜日の朝、『関口宏のサンデーモーニング』というニュースショーを観ていた。日曜朝のニュース番組としては、かなりの長寿番組になると思うのですが、そのため出演しているコメンテイターの方々もだいぶ高齢になっているようで、最近ではその間に若い解説者を入れて、新旧世代の交流を意識している並びになっています。

 そんな中で私が好きなのは、はりさんこと張本勲氏のスポーツコーナー。張本勲氏の頑固おやじっぷりと、メジャーリーグやサッカーは認めないというかなりの偏りが反っておもしろく、ある意味名物のように観ております。そして最近では、「喝!」の中にも温かい眼差しと励ましがこもっていて、厳しいさと優しさが渾然一体になった感じを受けたりします。

 そんな張本さんのスポーツコーナーで、助っ人としてやってきたのが広澤克実氏。ヤクルト、巨人と活躍した野球選手で、特に野村ID野球を吸収してからの打撃はかなりの威力があったという記憶があります。

 関口宏氏のとぼけた感じの突っ込みと、張本氏の突っ込み返しで和気あいあいと話が進む中、スポーツ選手の怪我の話が出てきました。

 そこで関口氏が広澤氏に、「広澤さんは、怪我したときは何で治したの?」と質問。

 すると広澤氏は、「私は鍼(はり)でしたね。」と答えました。

 そしてそれを聞いた関口氏は、「? 鍼ってそんなに効くんだ~」と相変わらずの無防備なすっとぼけぶり。そのニュアンスには、鍼の肯定というよりは、そんなもんでも効くんだねぇというような、力の抜けた無関心さがにじみ出ていました。その後、一回だったと思うのですが、鍼をちょっと小馬鹿にするようなところもありましたしね・・・。

 これは私ひとりの感想かもしれないのですが、公共の電波で、鍼灸を疑るようなニュアンスで受け答えするのはどうかと思ったのです。鍼灸はまだまだマイナーなのか、まだまだ多くの人々の苦痛を救えていないのか、まだまだおまじないの一種だと思われているのか・・・。何だかとても朝からさみしい思いが湧き出てきたのでした。
 確かに(現代科学としての)科学的根拠は薄いかもしれないけれど、そして鍼灸師の中には勉強を怠っている人が多数いるというのもあり、各鍼灸師の個人個人の力量に任せたものなので、定量的な効果を評価するのは難しいものがあります。
 しかしそれでもやはり効くものは効くし、良いものは良い。関口宏氏にも鍼灸の良さを知って欲しいし、そして、おまじないの一種のようなイメージは払拭したい。

 それでも、広澤氏が“私にとっては鍼が一番効きました”と力強く明言してくれたのはとても嬉しかったです。
 

東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ はりきゅう肩こり・腰痛・頭痛・生理痛・眼精疲労・不妊症など

ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へにほんブログ村 健康ブログへ





プチなプチトマト

 外苑通り、通称キラー通り沿いにあるアパレルのお店の一角に、月に何度か有機野菜の市場ができます。市場といってもそんなに大きなものではないのですが、安いというのが気に入っていて時間があると買い出しに行ったりします。

 今日は珍しく、トマトがありました。プチトマトです。

 トマトはリコピンという抗酸化物質が入っているので、お薦めの食材。特に夏は水分の補給もできるのでいいですよね。

 プチトマトのパックを開けてみると、プチトマトよりも小さなトマトが鈴なりになっていました。
 
 オレンジに、赤、黄色に緑と、このカラフルな色を見ているだけでも癒やされますね。

有機野菜 トマト (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ はりきゅう肩こり・腰痛・頭痛・生理痛・眼精疲労・不妊症など

ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へにほんブログ村 健康ブログへ





テーマ:日記というか、雑記というか…
ジャンル:日記

鍼とも東洋医学とも関係ないのですが、RAW現像って知ってました?(3)

 と、まぁ、くどくどと鍼と関係ない話をしてきたのですが、RAW現像をすると、こんなことが楽しめます。

ノラ猫姫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
 これはうちにくる姫を撮ったものです。ちょっとのんびりした様子にするため、ほんわか撮ってみました。


 そして、こんな加工をしてみました。

ノラ猫姫 加工 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
 これは、クロスプロセスというもので、すこしノスタルジィな感じを演出。

 そして、今度はこんな感じに。
ノラ猫姫 加工 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
 最初のものよりも、さらにふんわりした感じ、ソフトな感じを出してみました。これもまたノスタルジックな感じで、自分の好きな色合いです。


 という感じで、デジタルデータってホントすごいんだなぁと思う今日この頃です。


 ちなみに、写真加工にはアドビの「ライトルーム」というのが高性能で、コストパフォーマンスも高いです。プロ向けですけど、かつて手も足も出なかったプロラボが自分の家出できるというのであれば、こんな安い買物はないと思ったりもするわけです。

Adobe Photoshop Lightroom 5.0 日本語版 Windows/Macintosh版Adobe Photoshop Lightroom 5.0 日本語版 Windows/Macintosh版
Windows

アドビシステムズ
売り上げランキング : 28

Amazonで詳しく見る



(鍼とも東洋医学とも全く関係のないRAW現像のおはなし、おわり)


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ はりきゅう肩こり・腰痛・頭痛・生理痛・眼精疲労・不妊症など

ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へにほんブログ村 健康ブログへ





強い刺激よりも心地よい刺激

 昨日の記事で、鍼灸治療の刺激量はとても難しいというお話をしました。

 鍼灸治療といいますと、痛いところに鍼をするイメージがあるかと思います。そのイメージを踏襲するためなのか、以前テレビで某女優さんが鍼灸治療を受けている様子が出ていましたが、ぐりぐりとツボに強い鍼を打たれて悲鳴を上げているシーンは、痛くない適量の刺激を目指している私にとってはとても悲し画面であり、私の方こそ悲鳴を上げたい気持ちとなりました。全くもってこういった刺激療法系の鍼灸が取り上げられることが多く、残念なのではあります。

 しかし実際に強い刺激の鍼が効くのか?というと、そういうことはありません。“痛ければ効く”というのは、全く根拠がありません。同じように、痛い場所に鍼をして効くのかというと、これもまた根拠はありません。そのあたりは鍼灸師自身も何の疑問を持たずに、いつものことだからと、そういった痛い鍼や強い刺激の鍼をしている人も多いのではないかと思います。

 こういった根拠のないことがどうして起きるのかというと、まだまだ“刺激”というものに対してからだがどう反応するかということが研究されていないからなのではないかと思ったりもします。刺激の強弱というのはとても難しいものですが、その人のそのからだの、その症状にあった適量の刺激量というのがあり、それに併せてツボの持つ力が重なることで鍼灸治療は功を奏します。

 何も刺激が強いのがいいのではない。

 何も使うツボがたくさんあるから効くのではない。

 しっかりと診断し、しっかりと不足しているところを補うツボを見つけることが出来れば、いい。

 それが大事なのです。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ はりきゅう肩こり・腰痛・頭痛・生理痛・眼精疲労・不妊症など

ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へにほんブログ村 健康ブログへ



テーマ:健康
ジャンル:心と身体

花粉症とはいわれない花粉症

 この2,3年の傾向になるのかもしれませんが、この時期、頭痛や皮膚のトラブルを訴える患者様が増えております。中には風邪のようなちょっと熱っぽさを同時に訴える方も少なくありません。

 このような症状を訴える方の脈を診ると、身体の外から何かが入ってきていることを現わす、「緊脈(きんみゃく)」という脈の打ち方をしていることがほとんどです。この緊脈の打ち方の強さによって、ある程度何が入ってきたのかがわかるのですが、これで診ていくと、この時期の頭痛などで多いのが花粉による緊脈です。

 花粉症といいますと、くしゃみや鼻水、目が痒いといった症状を思い浮かべると思います。しかしこういった典型的な症状が出ずに、頭痛や熱っぽさ、咳いった、風邪のような症状が出る花粉症もあります。花粉症とは、身体の外側から入ってきた花粉に対して免疫機能が過剰に反応することで起きますので、やはり外側から入ってくるウイルスによる風邪と同じような症状が出てもおかしくないわけです。典型的な花粉症の症状がなくても、身体の中に花粉が入って悪さをしているということはよくあることです。花粉によって起きている頭痛や熱なので、花粉症と言えなくもないのですが、現在の医学的な定義とは症状が異なるので、花粉症とは言えないのかもしれませんが、しかし実際に花粉で起きているのですから、花粉症であることは間違ってはいないでしょう。

 ここで注意していただきたいのは、花粉症による風邪のような症状の場合、風邪薬では治らないということです。もし頭痛や熱っぽさ、咳などが続き、風邪薬を飲んでも治らない場合は、花粉症の疑いがあると思います。このときは、病院で改めて症状を訴えるなど、薬の再検討をしてもらうといいと思います。また、鍼灸のように身体のバランスを整えることによって改善することも多いので、近くの鍼灸院などで相談してみるのもいいかと思います。

 不快な症状に悩まされて春の楽しさを逃すことなく、快適に、気持ちよくこののどかな暖かさを楽しみたいものですね。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ はりきゅう肩こり・腰痛・頭痛・生理痛・眼精疲労・不妊症など

ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へにほんブログ村 健康ブログへ



テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体

薬の多用にはご用心を

 少し長い引用になりますが、ある本の文章を抜粋させていただきます。

僕は現在、新潟大学の名誉教授という肩書きを頂戴しながら、東京にある介護老人保健施設の施設長としても多くの高齢者の医療に携わっています。入所される方は本当にさまざまな病気をお持ちですが、患者さんたちの「お薬手帳」を見ると、愕然とさせられることが度々です。
毎朝の高血圧、高脂血症の治療薬に始まり、寝る前に飲む睡眠薬まで、複数の医師からゆうに10種類以上の薬を処方されている方が少なくないのです。中には20種類薬を飲んでいる人もいます。
そんな状況を目にするたび僕は「これを全部飲んだら病気になってしまう・・・」と考え込んでしまいます。



 この文章は、怪しい代替医療の薬嫌いの先生が書いたものではありません。著者は、新潟大学名誉教授である岡田正彦氏が書いたものです。医師の中にも怪しい水や、根拠のない健康法を流布する人もおられますが、この岡田正彦氏はそのような類いの方ではありません。岡田正彦氏の本は数冊読んだことがありますが、奇をてらったようなものはなく、エビデンス(根拠)のしっかりした論文を比較検討しながら信用できるものを抽出して結論を導き出す、とてもオーソドックスな手法の書き手です。引用した文章は、学問的にとても誠実な方によるもので、薬とあらば何でもかんでも否定するファナティックなアンチ本ではありません。にもかかわらず、こういった話になってしまうのは、そもそも薬が持っている副作用や、複数の薬を摂ることによって起きる複合的な副作用もまた事実としてあるからなのでしょう。

 私自身は、薬は必要であれば摂るべきだと思います。例えば今目の前で大火事が起きているのであれば、とにもかくにも消火活動をしなければなりませんので、薬を使ってでも止めるべきものは止めたほうがいいと思います。鍼灸で対応できるものもありますが、即効性を考えたら、鍼灸よりも薬の方を適宜必要なときは摂るべきだと思います。

 しかし緊急を要する大火事でもない状態で、薬を摂ることはどうかな?とは思います。また、効果が出ていないものを、「とりあえず」という曖昧な医師の裁量で飲んでいるのもまた、どうなんだろう?と思います。そしてこの引用にもあるように、大量の薬を飲むことはどうなんだろう?とも思います。

 鍼灸の臨床をしていますと、「とりあえず」の裁量で薬を飲んでいる方が意外に多いもので、それで「症状は治っていますか?」とお聞きすると、「いや、別に変わりません。」という答えが返ってくることもしばしばです。そしてこういった方の脈を拝見すると、あるところの脈、例えば肝臓や胆嚢の状態が出る位置にぶっとくなった脈を見つけることがあります。こういった場合は、副作用の蓄積を考えなければなりません。

 繰り返しますが、私自身は薬を否定はしません。適宜必要です。
 しかし、必要でない薬を飲まされている方は多いという印象を受けます。
 私は鍼灸師ですので、薬の指導は法律で禁じられていますので、アドバイスをしたり口を挟むことはしませんが、もし今お飲みになっている薬で症状が好転していない場合や、処方されているお薬に疑問がありましたら、掛かりつけの医師に相談して薬の検討してもらうことがいいと思います。身体の状態が変わって効く薬も変わる可能性もありますので、そのような変化もちゃんと伝えて処方されることをお薦めいたします。

 また、自分である程度考察しておきたい場合は、薬の時点のようなものを一冊持っていると参考になると思います。


【上記の引用文の書籍】

死ぬときに後悔しない 医者とクスリの選び方死ぬときに後悔しない 医者とクスリの選び方
(2013/10/12)
岡田正彦

商品詳細を見る


【薬の事典など】

カラー図解 薬理学の基本がわかる事典

くすりの事典 2013年版―病院からもらった薬がよくわかる



東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ はりきゅう肩こり・腰痛・頭痛・生理痛など

ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング 
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へにほんブログ村 健康ブログへ






 


テーマ:最近読んだ本
ジャンル:本・雑誌

Q. 施術者が邪気を受けることってあるんですか?

A. ありません。

 鍼灸をはじめ、マッサージや指圧など広い意味でのボディワークに携わる方の中には、「患者さんから悪いものをもらった」と言う人がいます。ここでいう“悪いもの”とは、風邪とかインフルエンザのようなウイルスや菌のことではなく、何というのか、霊的な目に見えないもののことを指してるようで、施術者の中には、そういったものを患者さんからもらったから自分の体調が悪くなったと言う人もいるようです。
 当院に通われている患者様の中にも、そういったことを言う施術者の治療を受けたことがあると何度も聞いたことがあります。

 しかし、そういったものはありません。

 東洋医学の原典となる『黄帝内経』に、「邪気」という言葉が出てきますが、これは霊的なものでは決してなく、天候の変化や風邪のようなウイルス・細菌性の外からやってくるものを言ったものです。『黄帝内経』には、霊的な意味での邪気は出てきません。

 では、なぜそのような「もらう」というのでしょうか?

 それは、私が思いますには、技術面や精神面で施術者が未熟だからだと思います。身体を診ると言うことは、まずは施術する側の心身が安定していないといけません。様々なストレスに押しつぶされそうな現代の中では、なかなか難しいことではあるのですが、この仕事をする上でのマナーだと思います。もちろんときには腹立たしいこともありますし、哀しいときもありますが、なるべく冷静に、なるべく安定してという心がけは大切です。
 しかし、そのプレッシャーに耐えきれないときは、施術者自身も心身が安定できずにいます。そういったときに、施術者自身が軽い気分障害(今日は気分が乗らないなぁといった気分の不安定な状態)となってしまい、その状況で何か患者さんに気に障らないことをされたり言われたりしてカチンと来たものを「もらう」と思ってしまうのだと思います。

 そしてまた私がこの「もらう」という施術者をいぶかしく思うもう一つの理由は、患者さんへのまなざしが足りないのでは?と感じることです。
 「患者さんが発する邪気 = 悪いもの = それを自分がもらう」という図式でしょうが、ひどいと思いませんか?患者さんを悪者扱いするなんて・・・。もし病気の方がいわゆる霊的な邪気ばかりであれば、聖路加病院の日野原先生のように健康で長寿を生きることはできないのではないでしょうか?仮に、1万歩譲ってそういった霊的邪気があると言うのであれば、逆に、日野原先生のような立派な生き方を目指すのが施術者の生きがいや目標であって、それを「邪気をもらう」などと毛嫌いして吹聴してはいけないと思います。

 先日のブログでスピリチュアルや精神世界のことを少し書きましたが、この世界の方もよくそういうことを言うようです。しかしこれもまた、私が思いますには、勘違いがほとんどだと思います。人の弱みにつけ込んで、邪気がついている、霊的に悪いものがたたっているなど言うのは、言語道断です。

 代替医療、スピリチュアル、精神世界などなどで、霊的な邪気の話を振り回す人にはご用心ください。



東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ はりきゅう肩こり・腰痛・頭痛・生理痛など

ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング 
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へにほんブログ村 健康ブログへ






 


テーマ:スピリチュアル
ジャンル:心と身体

迷い猫のお知らせ

たごさく (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛など

患者様が飼われている猫が、数日前から帰ってこないそうです。

寒くなってきておりますし、雨も降っており、心配しております。

場所は江戸川区鹿骨周辺です。
特徴は、毛がモコモコのメス猫(8才)。首輪はしていないとのことです。

もしお心当たりの方がおりましたら、ご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ はりきゅう肩こり・腰痛・頭痛・生理痛など

ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキングにほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ







 

テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット