FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

『てんとう虫の サンバ 』チェリッシュ

トコトコ ドコドコ トコトコドン

トコトコ ドコドコ トコトコドン

こんな単純なドラムの演奏から始まる曲。

そして牧歌的な昆虫の景色が広がる曲。

それが、チェリッシュの『てんとう虫のサンバ』
1973年に発表された曲にもかかわらず、今日もなお、結婚式で歌われることのある息の長さを誇ります。虫たちがはやし立てるその姿を想像すると、まだ都会にも原っぱがたくさん残っており、きっとそこにはてんとう虫やバッタなど、たくさんの昆虫がいたに違いありません。

 おそらくバブルの頃からか、歌い手の声はとにかく高めになり、スピードも速めになりました。そのため何を言っているのか分からないことが多く、歌詞が届きにくくなったなぁと思います。

 もう少しゆっくりでもいいじゃないか、ゆっくりと幸せを集めてみてもいいじゃないか。

 そんな気持ちを込めて、今週の第一位、チェリッシュの『てんとう虫のサンバ』をお送りいたします。



さらにこちらは紅白出場時のものでしょうか?

リリースされたものよりももっとスローで、生演奏がまるでリズム&ブルース的な演出。

チェリッシュとダンサーのミスマッチも時代感が出ていてほほえましいです。




赤、青、黄色の衣装を着けたてんとう虫がしゃしゃり出る・・・。

いても立ってもいられないてんとう虫の姿が目に浮かんできますね。

東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ

ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキングにほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ



スポンサーサイト

テーマ:お気に入り&好きな音楽
ジャンル:音楽

『ロックン仁義』 ザ・タイマーズ

 先日電車のつり広告を見ていて、目を見開いてしまったことがありました。普段から普通に見ていてもガン見していると言われる私の目が、唖然としてさらに倍くらい見開いてしまったのです。

 それがこちらの広告。

120830rockjyanai.jpg

 「おしゃROCK」 ってなんだ~~~!!

 左上にある文字を見ると、

 「トレンド+どこかにロックが今年っぽい

 なんと残念というか・・・。

 おしゃれの世界もいよいよネタ切れなのか、苦し紛れというのがありあり伝わってくるのがさみしい。これが今の日本の現状なのか。

 まず問題の一つは、“秋は” です。ROCKは季節ものではありません。秋であろうが、夏であろうが、ロックはロックなのです。なぜ秋なのか??

 そして次の問題は、“どこかにロック” です。ロックは局所的にどこかに入れるものではありません。生き方全体としてロックでないと、本当のロックではありません。ロックは核という意味があります。つまり信念です。“どこかにロック” というのはありえないこと。

 そして3つめの問題は、“今年っぽい”。ファッションをリードするべくこの手の雑誌が、“っぽい” と書いて断定を避けています。これは明らかに雑誌自体がネタ切れであることを露呈しているので、時代をリードするという使命感に欠けているわけで、これはつまり信念の放棄、雑誌としての使命が終了していることの証ではないでしょうか。

 そして極めつけが、「おしゃROCK
 だじゃれ?おしゃれの“れ”の音とロックの“ロ”の音をかけたわけでしょうか?いや、ぜんぜん、おしゃれじゃないですよ、おしゃROCK。由利徹先生の「オシャマンベ」を勉強すべきです。


 と、まぁ、関係の無い不満を感じたわけですが、このギャップは何なのだろうか。

 ロックというのは、ファッションではなく、生き様です。たとえばかのボブ・ディランは、やっている音楽はフォークであったりカントリーであったりしますが、紛れもない“ロック”なのです。つまりロックというのは、生き様、生きる姿勢、生きる信念です。生きてる自分の核です。自分の中にある生きてる証がロックです。


 たぶん、忌野清志郎が生きていたら、きっとこの広告を見て憤慨するでしょう。

 そして、ゼリーを呼んであの歌をやってもらうだろう。

 そう、その歌とは・・・・


 今週の第一位、ザ・タイマーズ『ロックン仁義』。





 今の日本に何が足りないか・・・それは政策とか、議員とか、そういった些末なことではなく、一人一人の生きる証、生き様を貫く精神のようなものではないのか・・・そんなことを思う今日この残暑なのであります。
 


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ

ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

『嫁に来ないか』 新沼謙治

 ブライダルソング、ウェディングソングという分野があります。

 ためしに「ブライダルソング」「ウェディングソング」というキーワードで検索してみますと、ランキングなどが出てきてたくさんあるんだなぁと実感できます。やはり最近の曲が上位に出るようなのですが、皆さんはどんな曲を最初に思い浮かべるでしょうか?

 私もいろいろと思い浮かぶものがあるのですが、ベストテン世代というのか、昭和45年生まれならではというのか、やはり幼少期に流れていた曲をすぐに思いつきます。そんな感じで思いついた曲を並べてみて、改めてじっくり聴いてみてこれはいい曲だなぁと思ったのが、新沼謙治氏の『嫁に来ないか』です。

 新沼謙治氏の素朴な雰囲気と、実直な男気が凝縮されたような曲。

 何はともあれ、今週の第一位は、新沼謙治『嫁に来ないか』。



 今の日本には、たくさんの歌のうまい歌手がいます。しかし、言葉が届くような歌い手は少ないのでは?

 今の日本には、たくさんのいい歌があります。しかし、メッセージが届くような歌は少ないのでは?


 個性のある歌声で、しっかり届くメッセージ。今思うと、この条件を兼ね備えているのは昭和歌謡曲ではないか?

 敗戦、焼け野原、復興、高度経済成長、バブル経済、バブル崩壊と、様々な時代を内包している昭和は、時に切なく、時に華やぎ、時に人々を愚弄も賛美もする激しく価値観の揺れた時代。

 新沼謙治氏の『嫁に来ないか』という曲は、今の時代には出現しえない曲だと思います。単なる懐古主義で言うのではありません。心のそこから思うのです、私たちはバブルで何かを失ったのだと。そして失ったまま街を徘徊し、未だにつまらない幻想を追い求めているのだと。

 しあわせの原点って何だろう?

 しあわせの原点を

 もう一度見直してみてはどうだろうか。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ

ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

『うぐいす』 RCサクセション(仲井戸麗市)

 表参道で開業して今年で8年目に入りました。8年もなりますと、だんだんと新鮮さがなくなりつつある頃だと思うのですが、不思議とこの治療院のある空間は、今でも鮮度を保っているように感じます。朝早めにやってきて掃除をして、仕事が終わるまでほぼこの空間にいるわけですが、ノラ猫はやってくるし、雨の時は雨の音が聞えるし、雪の夜はシーンとしたりと、季節の空気をしっかり伝わるのが、いつまでも新鮮であるためには大切なのでしょう。

 しかしふと今年の春は感じたのです。

 ここ最近、おそらくこの1,2年のことでしょうか?
 
 春先に鳴いていたうぐいすの声を聞いていません。今年も結局うぐいすの声を聞くことなく、春を迎え、春の深まりに向かっています。

 表参道の移りゆく季節の彩りは、ここにいる私の五感を楽しませてくれるのですが、春先のうぐいすの声は、長い冬を乗り越えてきたところでの、希望の歌声に聞えます。とくに開業当初は、不安と期待が入り交じる複雑な心境の中での春なので、目に映るもの、耳に聞えてくるものがメッセージとして届いてきました。


 しかしこの1,2年はそのうぐいすの声を聞いていないなぁ。

 たぶんどこかへ引っ越したのでしょう。

 来年は、きっとまたあのきれいな声を聞かせてほしいです。

 ということで、本日はRCサクセションとしては最後のアルバムとなってしまった名盤、『Baby a Go Go』より、仲井戸麗市(チャボ)の、「うぐいす」をお贈りいたします。

 しかし、チャボさんの映像がなかったので、チャボさんの記念ライブで唄われた、斉藤和義氏のカバーをお贈りいたします。





 窓を開けると、“うぐいす”一声鳴いたような気がする・・・。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ

ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

加藤和彦による『11月3日(雨ニモマケズ)』

 小学校三年生のとき、宮澤賢治の『雨ニモマケズ』の丸暗記が課題になったことがありました。私は当時から丸暗記というものが苦手だったので、なかなか苦戦しました。どうしても後半の順番を間違えてしまい、なかなか合格できませんでした。そして詩の内容も自分の中に落とし込むことができず、とっても苦痛でした。

 ようやく詩の内容が理解できたのは、開業する前に、実家の箱根に籠もっていたときでした。自分の仕事がにっちもさっちもいかなくて、さてどうしたものかと日々を浪費していたときです。その頃は何かメッセージの強いものを求めていたのですが、そんなときに、『帰ってきたヨッパライ』で一世を風靡したフォーククルセダーズが再結成するというニュースを見ました。そして新しくCDも出すと云う事で、これはかなりメッセージが込められているのではないかと、期待をしてローソンで予約して買ったことを覚えています。

 このフォーククルセダーズの(当時の)新譜は『戦争と平和』という名前のものでした。内容はごった煮というのか、加藤和彦の幅の広い音楽の才能と、北山修の詩の世界。そしてそれをバックで支える、はしだのりひこの代役としての坂崎幸之助のギターワーク。そういった三人の円熟さがたくみに噛み合った秀作で、内容とメッセージも、期待を裏切らない濃さがありました。

 その中でも私が一番心を奪われたのが、宮澤賢治の『雨ニモマケズ』を歌にしたもの。加藤和彦特有のきれいなメロディときれいなギターのアルペジオが、『雨ニモマケズ』の世界を大げさに誇張することなく、淡々と色味を加えていきます。それは宮澤賢治が夢を見ていた東北の乾いた大地を、しっとりと、そしてしっかりと着実にしめらせるやさしい雨のような響きです。小学校の時、あれだけ暗記しても間違えてばっかりだった私の心にも、この歌はしっかりと豊穣の雨として染みこんでいったのです。

 それでは、本日の第一位はフォーククルセダーズ(加藤和彦ソロ曲)の『11月3日(雨ニモマケズ)』です。




ホメラレモセズ

クニモサレズ

ソウイウモノニ

ワタシハナリタイ



そう、そんな感じでいいんだなぁ。



東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ

ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

『今日ここにいるあなたが』 倉沢桃子

 RCサクセション、忌野清志郎は別格として、去年一番聴いた歌って何だったろう?

 うーーーん。。


 それは、金八先生の最終回で久しぶりに観た米田真規子(役名)、そう、倉沢桃子さん。

 金八先生で久しぶりに米田真規子を観て、今何をしているんだろうなぁと思って検索。そしてシンガーソングライターになっている米田真規子を発見。

 アップされている動画を観て、涙を流してしまった。

 アコースティックのギターのアルペジオと、やさしい声。

 久しぶりに、新しいアーティストに出会えたという印象で、CDを即購入しました。
 



 倉沢桃子さんの歌には真実がある。

 その真実が、胸を強く打つ。

 

Hello myselfHello myself
(2008/09/13)
momo(倉沢桃子)

商品詳細を見る



東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ

ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

『すべてはALRIGHT(YA BABY)』 RCサクセション

 つらいことも、嫌なことも、よいことも、たのしいこともいろいろある。

 毎日よいことばかりではない。かといって悪いことばかりでもない。

 いや、そもそもそんなよいこと、悪いことという判断はできるのだろうか? 

 ある人はこの世を天国と言い、ある人は地獄とも言う。

 しかし真実はどちらでもなく、すべては過ぎ去っていく時間の流れの出来事に過ぎず、天国か地獄かを決めているのは我々の胸三寸といったところではないだろうか。

 中国の故事に、「人間万事塞翁が馬」というのがあります。これは、人間の幸不幸というものを、一時(いっとき)の感情や一時の出来事で決めてはいけないということでもあります。

 
 忌野清志郎はそのことを「すべてはALRIGHT」と歌っています。

 それでは、今週の第一位をお贈りいたします、RCサクセション『すべてはALRIGHT』。



 こういう歌詞は、ほんとうに身にしみる苦労を感じている人にしか書けないのではないかと思います。当時清志郎は派手なメイクでいわゆるイロモノ的な扱いが世間では多かったように思います。しかしその実態は、繊細なる詩人。栄光と挫折を味わったバンドマン。

 すべてはお~~~~らいいぇいべいべ~~~♪

 清志郎はずいぶんと軽く歌うが、中身はシビア。そして深い。

 そう、良いことも悪いことも、そんなこと気にしちゃいけないぜ~!

 世間の基準で人間の価値を判断しちゃいけないぜ~~!

 すべてはよくなっているのさ~~!


 そんなことを高らかに歌っている清志郎。

 まさに神。

 ドリーマー(夢助)でありまする。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ

ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

拝啓ジョンレノン

 本日12月8日はジョン・レノンの命日です。ビートルズとしてデビューし、ビートルズ10年間の間にアイドルからアーティストへ変貌していき、最後はドリーマー(夢想家)。

 ビートルズ、ジョン・レノンは以前のように常に聞くわけではない。しかし他のどのアーティストよりも“時々”聴きたくなる。そして街角で流れれるビートルズにも耳が傾く。

 ビートルズ、ジョン・レノンとは、そんな感じなのでしょう。

 そう、そんな感じなのです。

 そんな感じを共有する日本のアーティスト、真心ブラザース。

 おもむろに検索したら、下北沢のシェルターで行われた貴重なライブ映像がありました。このアレンジもいいですね。

 ということで、本日の名曲アワーは、今週の第一位は、真心ブラザース『拝啓ジョン・レノン』です。





東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ

ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

意外にかっこいいベースライン(3) 『怪奇大作戦』オープニング

 円谷プロと言えばウルトラマン。ウルトラマンと言えば円谷プロ。

 あまりにこの印象が強すぎて、円谷プロが世に送ったその他の特撮物はあまりに影が薄くなってしまいます。円谷プロの初代社長である円谷英二氏は、「特撮の神様」と呼ばれ、ゴジラシリーズの特撮監督を勤めたのはあまりに有名。そんな円谷氏の一つの野望は、“大人も観れる特撮”を作るということだったといいます。その試みのはじめとして撮影されたのが、『ウルトラマン』の後に続く『ウルトラセブン』。『ウルトラセブン』の対象は高校生以上というコンセプトで始まりましたが、そのコンセプトの通り、今大人が観ても思わずうなってしまうお話しがいくつかあったりします。そしてその後、二谷英明氏を起用した『マイティジャック』でもその試みは続けられるも、今ひとつ視聴率を稼げずに終わりました。そしてさらにリリースされたのが、『怪奇大作戦』です。

 『怪奇大作戦』は、高度化していく科学と科学者、そしてその中で歪んでいく人間の心理を巧みに折り混ぜながら展開していくドラマ。SRIと呼ばれる科学捜査官が、科学を悪用した事件の解明に活躍します。ある意味、ウルトラマンという特殊なヒーローを使わずに、日常の中の事件を扱ったということでは、円谷プロがドラマに挑戦した画期的な作品で、高く評価する方も多いのも事実です。

 前置きが長くなってしまいましたが、この『怪奇大作戦』のオープニングである「恐怖の町」は、ジャズです。主題歌を歌うサニートーンズのボーカルが、さらにジャズのリズムを加速していきます。

 それでは、本日の“意外とかっこいいベースライン”第一位をお送りいたします。

 『怪奇大作戦』より、「恐怖の町」!!



 長いバージョンもあったのですが、クリアになりすぎており、ベースがあまり聴き取れなくなっていました。

 このままではつまらないので、こんな動画を探してまいりました。

 『怪奇大作戦』で“まきさん”を演じる岸田森氏。岸田今日子氏の実弟で、『帰ってきたウルトラマン』の“坂田さん”役でも有名。もし岸田森氏がもう少し長生きしてくれていたら、きっと日本の演劇界ももっと進歩したに違いないと思われる実力派です。



 おそらくこの動画は、『怪奇大作戦』の「京都買います」でしょうか?

東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

意外にかっこいいベースライン(2) 火曜日版『サザエさん』エンディング

 さらに畳み掛けるように、火曜日版『サザエさん』のエンディング。詳細は分かりませんが、おそらく同じバンドが弾いているのでしょう。ベースはのっけからうなっています。ドラムやパーカッション、リズム隊がこれほど完璧なのもすごいです。

 サザエさんが長く愛される理由は、こういった音楽へのこだわりでもあるのでしょう。

 それでは、本日の第一位、火曜日版『サザエさん』エンディング。



 こちらはフルバージョン。



 歌詞が泣けますね。

 ほんとに、こう、なんといいますか、振り切っている感じが。

 「ワカメ、この色どうかしら?」のところがびりびり胸に染み込んでしまいます。

 「楽しい家族に囲まれて、仲良くお出かけお食事に。あなた、素敵よ、うれしいわ」のところでは、ぐいぐいと胸が詰まります。

 しあわせって、ほんとはこんな身近なところにあったんだなぁと思います。

 歌詞中の「サザエさん」を自分の名前に変えて歌ってみると、なんともほのぼの等身大の自分が戻ってくるのだから、不思議な曲です。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング